« 第698夜:光洋展(横浜そごう) | トップページ | 第700夜:福寿勘治型の変遷 »

第699夜:友の会4月例会(H24年)

1204reikai_omiyage_kao今日は東京こけし友の会の4月例会があり、出席したのでその報告である。せっかくの春が冬戻りしたような天気の中、本日の出席者は56名。このところ70名を越える盛況な月が続いていたが、昨日今日と土湯こけし祭りが開催されていること、4月は総会月で新品頒布もなく、それが若い方々の出席に影響を与えたのかも知れない。例会ギャラリーは善吉こけしと荒川洋一さんによるその写しの話があった。中古品の頒布、抽選・入札品の頒布があって第一部は終了。こけし界ニュースを挟んで第2部の総会が開催された。吉田会長が退任され(相談役となる)、目黒氏が新たに幹事に就任し、橋本氏が新会長に就任した。口絵写真は、83歳である会田栄治さんのおみやげこけし。

1204reikai_nyusatu

写真(2)は入札こけし。左から岩本芳蔵の善吉型、大内一次(昭和20年代)、30年代初めの大野栄治、30年代前半の奥山喜代治、鈴木幸之助、大沼新兵衛の肘折型、31年の橋本力造、戦前を思わせる表情の小椋久太郎、これも戦前に近いと思われる高瀬善治、表情の良い奥瀬鉄則の幸兵衛型、盛美津雄、60歳の佐藤護、勝治かとも思わせる初期の西山憲一。

1204reikai_cyusen

写真(3)は抽選こけし。左から太胴平頭の高橋佳隆、30年代の佐藤春二、大目玉の佳隆、人気の佐藤秀一のラグビーこけし(治一型)、精志の精助型、野矢俊文の善吉型、井上はる美の太胴茂吉型、河村清太郎の小寸、保存の良い佐藤吉之助、戦後直ぐの秋保こけし、秋山慶一郎、30年代初めの佐藤巳之助、岡崎斉、笹森淳一2本。

|

« 第698夜:光洋展(横浜そごう) | トップページ | 第700夜:福寿勘治型の変遷 »

山形系」カテゴリの記事

東京こけし友の会」カテゴリの記事

コメント

目黒さんとは?ひょっとして一三さんですか?

投稿: しょ〜じ | 2012年4月22日 (日) 23時00分

しょ〜じ様
お久しぶりです。
はい、目黒一三さんです。
今日の総会で承認されました。

投稿: 国恵志堂 | 2012年4月22日 (日) 23時29分

吉田会長ご苦労様でした。難しい時代、会のかじ取りにご苦労が多かったことと拝察します。新役員の方々のご活躍に期待します。また長年の課題であった会則改正も果断に決断されよかったと思います。
例会では貴重な善吉を拝見させていただきありがとうございます。何より寸法違い3本ぞろいというのがいいですね。最高のコレクションうらやましいです。

投稿: chikomei | 2012年4月23日 (月) 10時51分

chikomei様
いつもお世話になっております。
総会も無事に終わり、一段落ですね。
最近は若い会員が増えていますが、役員は還暦を越えた方が殆ど。
会員の多岐な要望に迅速に応えるのはなかなか大変です。
来年の創立60周年に向けて若い会員の協力を貰うのが課題ですね。
よろしくお願い致します。

投稿: 国恵志堂 | 2012年4月23日 (月) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/54536965

この記事へのトラックバック一覧です: 第699夜:友の会4月例会(H24年):

« 第698夜:光洋展(横浜そごう) | トップページ | 第700夜:福寿勘治型の変遷 »