« 第729夜:これくしょん100(14) | トップページ | 第731夜:芳蔵本人型(戦前) »

第730夜:友の会6月例会(H24)

1206reikai_omiyage今日は、東京こけし友の会の6月例会があり、出席したのでその報告をしたい。定刻の13時30分より開会。先ずは、7/10よりカメイ美術館にて開催される「私の好きな戦後のこけし展」について説明があった。今月のおみやげこけしは鳴子の吉田勝範さん。岩蔵型、永吉型、本人型の3種のこけしがあった。例会ギャラリーは田中幹事で、阿保六知秀・正文親子の豆こけしが沢山入ったりんご型入れ物を4個展示して説明があった。次いで、新品こけし/中古こけしの頒布。今月は入札はなく、抽選こけしの頒布と続いた。第2部は、こけし界ニュースの後、佐藤昭一の個展と入谷こけし祭りの内容がスライドを用いて報告された。最後に尺から尺5寸の大こけし11本がジャンケン大会で出席者に供された。

1206reikai_kaijyo_zentai

写真(2)は、開会前の会場風景。

1206reikai_gyarally_2

写真(3)は、例会ギャラリーの豆こけし入りのりんご型容器。

1206reikai_gyarally_naka

写真(4)は、その中身。

1206reikai_new

写真(5)は、新品頒布こけし。左から、津軽系の嶋津誠一、土湯系の陳野原幸紀、木地山系の小椋英二(留三型)、同(久四郎型)、遠刈田系新人の日下秀行、達曽部早苗、熊谷祐太の各こけし。

1206reikai_cyusen

写真(6)は、抽選頒布こけし。後列左から、竹田正志、佐々木覚平のキナキナ、瀬谷幸治の芳蔵本人型、井上ゆきこ2本、盛みつお、遊佐福寿、桜井昭二の大沼又五郎型。前列左から、愛田栄治のこけしと黄楊の入れ物、佐々木覚平各種5本、佐藤伝喜、稲毛豊2本、渡辺和夫地蔵型2本、今晃、瀬谷重治2本、遠刈田不明、阿部木の実、佐藤丑蔵、佐藤寛次の各こけし。

1206reikai_suraido

写真(7)は、第2部のスライドによる催事報告。

1206reikai_jyanken

写真(8)は、ジャンケン大会で提供された大こけし各種。

|

« 第729夜:これくしょん100(14) | トップページ | 第731夜:芳蔵本人型(戦前) »

東京こけし友の会」カテゴリの記事

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/55042951

この記事へのトラックバック一覧です: 第730夜:友の会6月例会(H24):

« 第729夜:これくしょん100(14) | トップページ | 第731夜:芳蔵本人型(戦前) »