« 第725夜:盛雄のこけし(昭和20~30年代) | トップページ | 第727夜:これくしょん100(12) »

第726夜:これくしょん100(11)

Collect100_title11昨夜は、6月の台風が雨と風で大暴れしながら通過していった。さて、2寸こけしのコレクション・シリーズも100本を越え、後半戦に突入した。今夜はそのPart11でNo101~110まで、昭和56年7月の頒布である。頒布解説を記そう。『こけしの裏のNoは3ケタ表示は無理ですので、101をA1、110をA0、111をB1という具合に表示します。慶明はツバキ材でキレイに仕上がっています。10本組の予定で、今回は5本です。斎藤は桜材で、胴のくびれた物を2本予定しています。吉太郎は、息子の吉紀がスリムな2寸を作ったのに、弥治郎らしい大頭の2寸です。我妻は、青根本来の型と、木地山風のたてじまのきものの2種とも素朴なこけしです。なお、Part10は、86~87が未着ですので後になります。』

Collect100_p11_1

写真(2)はNo101~111の6本。左から、101.佐藤慶明(白石)本人型、102.同地蔵型、103.同ロクロ線、104.同ほほこけ、105.同はらみ、111.斎藤正夫(白石)。

Collect100_p11_2

写真(3)はNo114~118の5本。左から、114.新山吉太郎(弥治郎)本人型、115.同胴しぼり、116.同井げた、117.我妻芳夫(青根)、118.同たてじま。

|

« 第725夜:盛雄のこけし(昭和20~30年代) | トップページ | 第727夜:これくしょん100(12) »

その他」カテゴリの記事

豆こけし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/55004059

この記事へのトラックバック一覧です: 第726夜:これくしょん100(11):

« 第725夜:盛雄のこけし(昭和20~30年代) | トップページ | 第727夜:これくしょん100(12) »