« 第744夜:本多信夫のこけし | トップページ | 第746夜:武蔵古作 »

第745夜:友の会7月例会(H24年)

1207reikai_omiyage昨日(7/22)は、東京こけし友の会の7月例会があり、出席したのでその報告である。梅雨明けとは思えない涼しい気候の中、60名を越える会員が出席された。お土産こけしは南部系の田山和泉さんのこけし3種で、安保一郎型をベースでアレンジしたものと思われる。ギャラリーは輪入りこけし各種が紹介された。新品こけしは、横山水樹さん、佐藤康広さん、菅原修さん、北山盛治さんのこけしが頒布された。今月は抽選は無く、入札は最低価が安くなっており、抽選のように気軽に参加できるものであった。第二部は、各種イベントの報告であり、山形県こけし会総会・懇親会、山河之響の会の7人展、美轆展、安保親子の製作実演(とげぬき地蔵尊)などがスライドを使って報告された。最後に、6月に引き続きジャンケン大会で大寸こけしのプレゼントがあり、盛況の内に終了した。口絵写真は、おみやげこけしの田山和泉さんの「どんくり」である。

1207reikai_gyarally

写真(2)は橋本会長による、輪入りこけし各種の展示と解説風景。

1207reikai_new

写真(3)は新品頒布こけし。左から佐藤康広(遠刈田系)6寸、横山水樹(弥治郎系)の久治耳型7寸、菅原修(鳴子系)の6寸胴模様2種、北山盛治の多兵衛型6寸ときよ型6寸。

1207reikai_nyusatu

写真(4)は入札こけし。左から、盛みつお尺3寸と8寸、奥瀬鉄則6寸、今晃6寸、安保一郎1尺、小椋宏一6寸、小林清次郎8寸と尺、岡崎幾雄8寸、井上ゆき子尺、8寸春二古型と茂吉型、今泉源治の作蔵型、岩本芳蔵の善吉型。

1207reikai_suraido

写真(5)はスライド報告で、山形県こけし会総会・懇親会の様子。

1207reikai_jyanken_atari

写真(6)はジャンケン大会の様子。佐藤治郎の円吉型梅こけしを獲得した会員。

1207reikai_jyanken

写真(7)はジャンケン大会でプレゼントされた大寸こけし。一番小さい佐藤治郎のこけし(左から4番目)が1尺の大きさ。右端の佐藤三蔵のこけしの頭の大きさを想像して頂きたい。

|

« 第744夜:本多信夫のこけし | トップページ | 第746夜:武蔵古作 »

南部系」カテゴリの記事

東京こけし友の会」カテゴリの記事

コメント

庭にノウゼンカツラが咲いてます。いつも拝見し勉強させていただいております。一つ質問があります。こけし会HPのカメイ美術館の展示こけしの中で展示ボックスの記載の上の写真のうち真ん中の写真のこけしの作者を教えていただきたいのです。5本ありますが同人なのですか。宜しくお願いします。

投稿: いなかもん | 2012年7月23日 (月) 16時18分

いなかもん様
いつもご覧頂き、ありがとうございます。
5本とも、稲毛豊さんが、こけしを作り始めた極初期のこけしです。

投稿: 国恵志堂 | 2012年7月23日 (月) 19時26分

早速のご教示ありがとうございます。稲毛さんというと不肖私が知っている物とは違っており不思議に思っております。喜平さんのところに行く前の物でしょうか。

投稿: いなかもん | 2012年7月23日 (月) 19時38分

いなかもん様
写真の後列中央の栄治型を除いて、昭和44年から45年の作なので、喜平さんへの弟子入り(46年春)前ということになりますね。

投稿: 国恵志堂 | 2012年7月23日 (月) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/55261544

この記事へのトラックバック一覧です: 第745夜:友の会7月例会(H24年):

« 第744夜:本多信夫のこけし | トップページ | 第746夜:武蔵古作 »