« 第739夜:秋保の里現況(1) | トップページ | 第741夜:武志さんの達磨 »

第740夜:秋保の里現況(2)

120710akiu_satokazu_100pon今夜も昨夜の続きで秋保の話を続けたい。秋保工芸の里には、昨夜紹介した鈴木明さん、我妻吉助さんともう1軒、佐藤円夫さんの工房が店を開いている。お店に入ると奥さんが店番をしており、来意を告げると円夫さんが現れた。事前に訪問の連絡をしておいたので、早速武雄作と思われる古いこけしを見て貰う。円夫さんは佐藤武雄さんの長男で昭和17年生まれ。戦前から戦後直ぐの頃の記憶は乏しく、明確な答えは聞けなかった。この件については別項で報告の予定。円夫さんの工房を辞して温泉街に下り、山尾さんのお店に寄るが、やはり店を閉まっていた。最後に武雄さんの二男の武志さんの工房に立ち寄った。口絵写真は大きな切り株に100本のミニこけしを載せた置物(円夫作)。

120710akiu_satokazu_ie

写真(2)は円夫さんの工房(お店)。

120710akiu_satokazu_kantei

写真(3)は佐藤円夫さん。武雄さんの古いこけしを見ているところ。

120710akiu_satokazu_kokeshi_2

写真(4)は店内に並んでいるこけし。

120710akiu_yamao_ie

写真(5)は山尾さんのお店(工房)。残念ながら閉まっていた。もうこけしは作っていないと言う。

120710akiu_satotake_ie

写真(6)は佐藤武志さんのお店(工房)。鍵がかかっていたが、開けて中に入れてくれた。

120710akiu_satotake

写真(7)は武志さん。武志さんは、こけしよりも達磨や木地玩具が得意のようで、特にミニの製品が沢山作ってあった。

120710akiu_satotake_daruma

写真(8)は武志さんの達磨とこけし。大達磨の横のこけしは30個の輪入り。手前の小さな達磨は10個の入れ子になっており、色と表情が全部違う。木地技術の粋を集めた物で、高価であったがその素晴らしさに魅せられ、有り金を叩いて買ってしまった。

|

« 第739夜:秋保の里現況(1) | トップページ | 第741夜:武志さんの達磨 »

その他」カテゴリの記事

産地訪問」カテゴリの記事

遠刈田系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/55186130

この記事へのトラックバック一覧です: 第740夜:秋保の里現況(2):

« 第739夜:秋保の里現況(1) | トップページ | 第741夜:武志さんの達磨 »