« 第786夜:鳴子こけしまつり(H24年人形の家) | トップページ | 第788夜:ゆき子の初期こけし »

第787夜:友の会11月例会(H24年)

1211reikai_kanou昨日は、東京こけし友の会の11月例会があり、出席したのでその報告である。出席者は71名であった。おみやげこけしは作並系の加納博さんで10種類を超えるこけしが送られてきた。例会ギャラリーは阿部常吉のこけし、戦前の優作と愛らしいエジコが披露、解説された。新品こけしは笹森淳一さん、阿部国敏さん、小林清さん、渡辺忠雄さんに、西山敏彦さんの子持ちエジコとカラス瓶入りの七福神。第二部は、みちのくこけしまつり、高円寺フェス、とげぬき地蔵尊の実演などがスライドで報告された。口絵写真は、おみやげこけしの加納博さんのこけし。

1211reikai_omiyage

写真(2)はおみやげこけしの加納博さんのこけし各種。ここから1本選ぶのは、楽しくも何とも悩ましいものがある。

1211reikai_new

写真(3)は新品頒布こけし。左から笹森淳一さんの幸兵衛型牡丹模様と達磨模様でいずれも6寸。阿部国敏さん、小林清さん(2本)で黒頭と赤いスズラン模様、右端は渡辺忠雄さんの鉄兜マントこけし。

1211reikai_nishiyama

写真(4)は西山敏彦さんの子持ちえじこ(右)とガラス瓶入りの七福神(左)。どちらも5種類ずつあった。

1211reikai_nyusatu

写真(5)は入札こけし。前列左から、盛秀太郎のエジコ、桜井万之丞の達磨、後列左から、伊藤常治、岡崎斉、横山政五郎、奥山庫治、奥山喜代治、佐藤文吉、井上ゆき子(2本)、2代目虎吉。庫治と喜代治は同時に入手されたものと思われ、同時期の喜代治と庫治の作風が良く分かる。庫治は初期庫治の俤が残っている。

1211reikai_cyusen

写真(6)は抽選こけし。左から、今晃(福太郎型と本人型)、高橋雄司2本と秀雄の3本組、高橋定助、佐藤文吉、新山左内の達磨、佐藤伝喜の達磨、瀬谷重治、高橋佳隆、斎藤僚子、斉藤弘道、佐久間伝六、野地忠男2本。

1211reikai_garally

写真(7)はギャラリーで展示・解説された阿部常吉のこけし。

|

« 第786夜:鳴子こけしまつり(H24年人形の家) | トップページ | 第788夜:ゆき子の初期こけし »

作並系」カテゴリの記事

東京こけし友の会」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。こけし友の会に、木地だるまが出ることあるのですね。万之丞のだるま、うらやましいです。縁がありましたら行ってみたいですね。

投稿: だるま三昧 | 2012年11月26日 (月) 21時29分

だるま三昧様
こんばんは。
万之丞のダルマは珍しいですね。私も初めて見ました。
友の会では、今後も色々なダルマが出ると思います。
ぜひ、お越しください。

投稿: 国恵志堂 | 2012年11月26日 (月) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/56194772

この記事へのトラックバック一覧です: 第787夜:友の会11月例会(H24年):

« 第786夜:鳴子こけしまつり(H24年人形の家) | トップページ | 第788夜:ゆき子の初期こけし »