« 第778夜:伊藤長一のこけし(2) | トップページ | 第780夜:希三のこけし(3) »

第779夜:こけし談話会(幸九郎)

1211danwakai_ko9ro_s12kao昨日は、東京こけし友の会の「こけし談話会」があり出席したので、今夜はその報告である。談話会のテーマは、「渡辺幸九郎のこけし」で、幸九郎のお孫さんであるご夫妻を含め、15名の出席があった。幸九郎のこけしは、戦前の下ノ原時代、鎌先時代(昭和7年~)と、戦後のものもあり、幸九郎の各製作時期による変化を確認することが出来た。口絵写真は超大寸(尺5寸か)の幸九郎(昭和12年作)の表情である。なお、掲載写真では、こけしの色彩が背景の壁の色に溶け込んで見難くなっているので、ご容赦願いたい。

1211danwakai_ko9ro_shimonoh

写真(2)は下ノ原時代の作である。左端は、幸治郎名義のもので頭が縦長であり、やや雰囲気が異なる。右の7寸2本は、木形子洞頒布のものか。

1211danwakai_ko9ro_s15hoka_2

写真(3)右は、胴底に昭和15年作の記入があるが胴の形態、面描が他の幸九郎とやや異なる作である。木地形態は胴の中ほどに緑の帯が入っており、首の襟巻も通常のものと形が違う。幸太系列の佐藤今三郎の形態に似ている。また、眉がこれほど太く力強いのは他で見たことがない。写真(3)左は、参考の鎌田文市古作である。

1211danwakai_ko9ro_syosun

写真(4)は小寸物であるが、何とも愛らしいこけしである。幸九郎のこけしはロクロ模様が多いが、右から2本目は、新山系列のペッケのように胴中央を縊らせ、襟と裾模様を描いている。

なお、昭和10年代の後半のものは、本ブログの第536夜と第661夜のこけしを参照されたい。

|

« 第778夜:伊藤長一のこけし(2) | トップページ | 第780夜:希三のこけし(3) »

その他」カテゴリの記事

古品」カテゴリの記事

弥治郎系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/56099244

この記事へのトラックバック一覧です: 第779夜:こけし談話会(幸九郎):

« 第778夜:伊藤長一のこけし(2) | トップページ | 第780夜:希三のこけし(3) »