« 第787夜:友の会11月例会(H24年) | トップページ | 第789夜:正吾さんの武蔵(昭初)写し »

第788夜:ゆき子の初期こけし

Yukiko_s46_kao25日の友の会11月例会では、入札こけしとして2本の井上ゆき子のこけしが出ていた。こけしの胴底には昭和46年と48年との書き込みがあった。中でも46年作は表情に張りがあり、一目で魅せられてしまった。頑張った甲斐があって入手することが出来た。今夜はそのこけしを紹介したいと思う。口絵写真は、その表情である。

Yukiko_s46_2

写真(2)が本項のゆき子のこけし。大きさは6寸4分。

井上ゆき子の初期のこけしについては、こけし手帖611号に「井上ゆき子工人の歩みとこけし」と題した原稿に詳しく載っているので、それを引用させて頂く。

・・・(前略)・・・ 44年秋、夫婦揃って春二の弟子となる。一年間師匠のいる熱塩まで通った。この時期は、師匠のこけしの模倣時代であり、胴裏に春二のトレードマークであった蝶が描かれたこけしがあった。1年間作り貯めたこけしを春二は「ゆき子」とサインさせた。それを春二は3日で全て売りさばいたという。また、45、46年のこけしは、胴底に赤の線を引いている。描彩の目印としていたと聞いた。46年12月、塩川に転居した。・・・(後略)・・・。

Yukiko_s46_syomei

写真(3)は本項のこけしの胴底の署名と書き込み。署名の「ゆき子」の字も未だぎこちない。春二が指示して書かせた署名なのであろう。また、目印として引いたと言われる赤線も確かに付いている。ゆき子が自分で木地挽きを始めたのは48年からとのことであり、本項のこけしの木地は夫の四郎である。首の削り込みも深く、木地形態もしっかりしている。胴の裏側には未だ何も描かれていない。

|

« 第787夜:友の会11月例会(H24年) | トップページ | 第789夜:正吾さんの武蔵(昭初)写し »

写し」カテゴリの記事

弥治郎系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/56205744

この記事へのトラックバック一覧です: 第788夜:ゆき子の初期こけし:

« 第787夜:友の会11月例会(H24年) | トップページ | 第789夜:正吾さんの武蔵(昭初)写し »