« 第800夜:忠蔵70歳のこけし | トップページ | 第802夜:新春古品入札(庄七?) »

第801夜:秋山清一のこけし(2)

Seichi_s20_kao今夜は、今年入手第3弾のこけしである。ヤフオクの出品タイトルには「秋山慶一郎他」と出ていたが、その特徴的な胴の楓模様から秋山清一だろうと思っていた。出品作は2本あり、1本は相当に汚れて黒くなっていたが、消しゴムで表面を擦ってみると大分綺麗になってきた。木地まで黒くシミが付いてしまったものは仕方ないが、表面にロウが塗ってあるものは、このロウを取って見ることでかなり綺麗になることがある。こういった作業もまた楽しいものである。口絵写真は清一(大)の表情である。

Seichi_s20_syomei

写真(2)は出品されていた2本の胴底である。左の大きい方は胴底が仕上げられており、「秋山慶一郎」と書かれている。右の小さい方は鋸での切りっ離しのままで「青森 21.12.26」と書かれている。青森にて昭和21年12月26日に入手したものであろうか。

Seichi_s20_hikaku

写真(3)の右2本が今回入手したもの(大が6寸、小が5寸)で、左端は第499夜で、また左から2本目は第260夜で紹介したものである。清一は昭和17年頃から22年頃までこけしを作っており、左端はその初期の頃(17、8年頃)の作である。右端は昭和21年末に入手したと思われるもの。表情にはかなりの違いが見られ、手慣れてきているのが分かる。清一の楓模様は独特であるが、左端では葉先が3つに分かれているが、右2本では5つに分かれている。なお、右端のこけしには緑色は使われておらず赤と黒だけの描彩である。また、4本を比べてみると、左から目の位置が段々上がってきており、右から2本目では頭が平頭になっていることもあって、慶一郎を彷彿させる。胴の楓模様がなければ慶一郎と言われても判断に苦しむところである。清一のこけしは慶一郎として流布していることが多いので、良く見る必要があるだろう。

|

« 第800夜:忠蔵70歳のこけし | トップページ | 第802夜:新春古品入札(庄七?) »

古品」カテゴリの記事

蔵王系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/56516288

この記事へのトラックバック一覧です: 第801夜:秋山清一のこけし(2):

« 第800夜:忠蔵70歳のこけし | トップページ | 第802夜:新春古品入札(庄七?) »