« 第848夜:「馬」の署名 | トップページ | 第850夜:友の会創立60周年記念会 »

第849夜:親子のこけし(佳隆・美恵子)

Mieko_kin_kao本ブログは1本のこけしを中心に話を進めていくことが多いので、新たにこけしを入手した場合にはその話を書くことが出来るが、暫くそういう機会がないと更新も滞ってしまう。時々は段ボール箱に仕舞込んであるこけしを取り出して何か話題を探す。今回見つけたのは、土湯系の高橋美恵子さんのこけし。美恵子さんは製作量が少なく、私も手持ちが殆ど無いため取り上げていなかった。そこで今回はお父さんの佳隆さんのこけしとペアで紹介したいと思う。口絵写真は美恵子こけしの表情。

試しに、インターネット検索で「高橋美恵子」を探して見たが、全く見つからなかった。これは、ぜひとも掲載して紹介しなくてはと思った次第である。

Mieko_kin_hikaku

写真(2)の左は佳隆さんの7寸。東京こけし友の会創立30周年記念こけしである。詳細は第142夜で紹介しているが、きん古作の復元作である。今回の美恵子作は、大きさが同じ7寸で胴模様も同じ菊なので「親子こけし」とした。佳隆作はきんのこけしを元にした写しであるが、美恵子作も同じきん写しかどうかははっきりしない。角張った頭の形、直線的な胴の形など佳隆作とはやや異なる。面描にしろ胴の描彩にしろ、様式は同じであるが、筆使いなどは全く異なる。佳隆さんは硬筆であるが、美恵子さんは更にきっちり描いており、きんの柔かで自由な筆使いによる味わいとは別種の趣である。きんのこけしを元にして作ったこけしでも、出来上がったこけしには工人の個性が表れているのである。良いとか悪いとか、上手いとか下手とか、そういう判断ではなく、それぞれのこけしの味わいを楽しみたいものである。

ところで、美恵子さんについて調べてみた。こけし手帖285号(S59年12月)の「10月例会頒布こけし」が文献での初紹介のようだ。それによると『昭和33年12月28日生、高橋佳隆次女。(通さんの妹) 昭和56年より描彩を、昭和57年春頃より木地を父佳隆について修業、58年友の会正月例会で頒布した。』とある。但し、こけし手帖の正月頒布こけしには写真紹介がなく、正月頒布品がどのようなものかは分からない。その後は手帖306号(S61年9月号)の「7月例会頒布こけし」に6寸が紹介されている。

|

« 第848夜:「馬」の署名 | トップページ | 第850夜:友の会創立60周年記念会 »

写し」カテゴリの記事

土湯系」カテゴリの記事

コメント

恵美子さんは57年12月13日に初挽きで独楽を作成したと聞きました(独楽があります)。

投稿: | 2013年8月24日 (土) 22時37分

恵美子さんでなく美恵子さんせした。

投稿: | 2013年8月24日 (土) 22時40分

貴重な情報、ありがとうございます。
美恵子さんの57年12月と思われる小寸こけしがあります。
今まで確信がなかったのですが、今回のコメントではっきりしました。後日、そのこけしを掲載します。

投稿: 国恵志堂 | 2013年8月24日 (土) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/58042103

この記事へのトラックバック一覧です: 第849夜:親子のこけし(佳隆・美恵子):

« 第848夜:「馬」の署名 | トップページ | 第850夜:友の会創立60周年記念会 »