« 第850夜:友の会創立60周年記念会 | トップページ | 第852夜:久太郎追求 »

第851夜:美恵子さんの初作周辺のこけし

Mieko_syoki_kao第849夜で、高橋美恵子さんのキン型こけしを紹介したところ、その初挽き独楽(57年12月13日作)についてコメントを頂いた。美恵子さんは昭和57年から自挽き描彩のこけしを作成していたようであったが、今一つはっきりしなかった。手元に胴底に日付を記入した美恵子こけしがあり、初作周辺のこけしらしいと思っていたので、今夜はそれを紹介したいと思う。口絵写真は「初作」と記入された美恵子こけしの表情である。

Mieko_syoki_3hon

Mieko_syoki_syomei
写真(2)(3)に美恵子さんの初作周辺のこけしと胴底の署名を示す。右から、2寸4分(初作、十八日、美恵子」、3寸4分(十二月十九日、美恵子)、2寸8分(十二月二十四日、美恵子)。この底の署名通りとすれば、美恵子さんの初作は昭和57年12月18日で、それが右端のこけし。真ん中のこけしが、その翌日作。左端は5日後のこけしということになり、初作から一週間以内の3本ということになる。独楽の初作が12月13日であり、それから5日後にこけしの初作が作られたということだろう。

Mieko_syoki_6hon
写真(4)には翌58年のこけしも示す。右から3本は写真(2)のこけしで、4本目は4寸(58.1.22)、5本目は4寸9分(58.4 原の町)、左端は5寸(58.10.16 日野)。いずれも作り付である。初作は、また眉・目・鼻の描線がぎこちないが、日が経つにつれて手慣れていくのが見てとれる。最初は赤・黄・緑のロクロ線だけだった胴模様も、10か月後には花模様を描くまでに上達している。

|

« 第850夜:友の会創立60周年記念会 | トップページ | 第852夜:久太郎追求 »

土湯系」カテゴリの記事

コメント

独楽の件、ご参考になれて幸いです。すばらしいコレクションを見せていただきましてありがとうございます。木地佳隆描彩美恵子のエジコ(2寸)をお持ちでしたら後日見せていただけましたら幸いです。

投稿: | 2013年8月31日 (土) 22時38分

エジコは残念ながら持っていないです。
機会があったら探してみましょう。
私も見たいものです。

投稿: 国恵志堂 | 2013年9月 4日 (水) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/58069843

この記事へのトラックバック一覧です: 第851夜:美恵子さんの初作周辺のこけし:

« 第850夜:友の会創立60周年記念会 | トップページ | 第852夜:久太郎追求 »