« 第853夜:幸治さんの近作 | トップページ | 第855夜:佐藤末吉のこけし »

第854夜:瀬谷重治のギボシ

Jyuji_giboshi_kao前回の幸治さんに続いて、今夜はお父さんの重治さんに登場願おう。「ギボシ」と聞いて、それが何なのか直ぐに分かる人は少ないのではないか。私も分からず調べてみた。「ギボシ」とパソコンに打ち込んで、かな漢字変換をすると「擬宝珠」と変換される。この「擬宝珠」とは「伝統的な建築物の装飾でや神社、寺院の階段、廻縁の高欄(手すり、欄干)の柱の上に設けられている飾りである。」とある。ちなみに「五重塔五輪塔などの仏塔の先端に飾られるもので、これは擬宝珠ではなく宝珠である。」ともある。「宝珠」は「意のままに様々な願いをかなえる宝」とあり、こけしの胴模様に描かれることもある。口絵写真は、その「ギボシ」の表情である。

Jyuji_giboshi_moto
写真(2)が「擬宝珠」である。

Jyuji_giboshi_ue
Jyuji_giboshi_2hon

写真(3)、(4)が重治作ギボシの全体像。この「ギボシ」は「擬宝珠」の形態に倣って木地を挽き、それに小寸の善吉風の描彩を施したものなのであろう。本こけしは東京こけし友の会の平成6年7月の例会で頒布されたもので、「原」があるという。一般のこけしとは異なり木地玩具の類に入るものであろうが、これはこれでなかなか面白いものである。この「原」はどういう理由で作られたのか、知りたいものである。

|

« 第853夜:幸治さんの近作 | トップページ | 第855夜:佐藤末吉のこけし »

中の沢亜系」カテゴリの記事

土湯系」カテゴリの記事

コメント

重治さんの5寸程のこけしで、頭に角のようなとんがりがあるのを持っています。平頭のやつ。鬼なのか?って思っていましたが本当はどうなのでしょう。

投稿: 青森のオジサン | 2013年9月12日 (木) 02時43分

うーん、こんな不思議なこけしがあったんですね。中丿沢は割とフリーダムで、面白い形が多いですね。それでもたこ坊主のどことなく悲しみをたたえた表情がまたぴったり来るのがさらに不思議です。

投稿: nina | 2013年9月12日 (木) 18時59分

青森のオジサン様
重治さんのそんなこけしがあるのですか。知りませんでした。
鬼こけし、見てみたいものです。

投稿: 国恵志堂 | 2013年9月13日 (金) 10時24分

nina様
「中の沢系」として独立させたらという声も聞こえてきますが、中の沢のこけしが独特の雰囲気を持っているのは確かですね。後継者の問題が心配ですが…。

投稿: 国恵志堂 | 2013年9月13日 (金) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/58174962

この記事へのトラックバック一覧です: 第854夜:瀬谷重治のギボシ:

« 第853夜:幸治さんの近作 | トップページ | 第855夜:佐藤末吉のこけし »