« 第893夜:伊藤長一のこけし(戦前) | トップページ | 第895夜:安太郎のこけし(戦前ふたたび) »

第894夜:伊藤宏美のこけし

Hiromiito_kao伊藤つながりで、今夜は伊藤宏美のこけしを紹介しよう。宏美と言っても女性工人ではなく、鳴子の伊藤松一の息子である。松一について木地修業をし、こけしも作り始めたのであるが程なく転職してしまったため、作られたこけしは少ない。そんな珍しいこけしがヤフオクに出品され運よく入手することが出来た。口絵写真はその表情である。

宏美のこけしを始めて目にしたのは、東京こけし友の会のおみやげこけし(昭和59年11月)である(第403夜参照)。その解説を引用しよう。『本来ならば、昨年はじめに登場してくれるこけしである。親子組合わせの企画でおみやげこけしを取り上げた折に、親子そろって作品が出来る時には、先ず一番に取り上げたいとの申し出に、父松一さんがこたえて実現したものである。唯事情があって、この作品が世に出る前に本人はこけしから離れてしまっており、松一さんのこけしも種々の事情があって今日迄作品が出来ていないが、時間的な面を考慮して了解を得て単独で採用することになった。作品は、はじめてとは思えないまとまりを見せており、惜しいの一言につきる』と。

Hiromiito_3men
写真(2)が本項の宏美のこけしである。大きさは6寸。上述の事情から昭和58年前後の作か。伊藤松三郎から連なる伊藤家伝来のこけしである。木地形態、面描とも実にしっかり描かれている。胴模様は楓した見たことがないが、胴一杯に描かれていて鮮やかである。

Hiromiito_hikaku
写真(3)は、真ん中が本項のこけし、左が上述の友の会おみやげこけし、右は祖父にあたる松三郎のこけしである。父松一よりも松三郎に近い雰囲気を持ったこけしである。

Hiromiito_syomei
写真(4)は、胴底の署名。この他に、「木地宏美、描彩松一」のこけしも存在する。

|

« 第893夜:伊藤長一のこけし(戦前) | トップページ | 第895夜:安太郎のこけし(戦前ふたたび) »

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第893夜:伊藤長一のこけし(戦前) | トップページ | 第895夜:安太郎のこけし(戦前ふたたび) »