« 第892夜:例会で入手のこけし(鈴木晃悦ほか) | トップページ | 第894夜:伊藤宏美のこけし »

第893夜:伊藤長一のこけし(戦前)

Cyoichi_s18_kao今月3日の「たんたん」での古品即売会では藤井梅吉と大沼希三の2本のこけしを入手したのであるが、その時に気になるこけしがあった。伊藤長一のこけしである。小寸であったが、昭和18年頃との紙片が貼ってあった。帰宅して、こけし辞典等で長一こけしのおさらいをし、やはり欲しくなって「たんたん」に電話をしたら未だ残っていた。そうして入手したのが今夜紹介する長一のこけしである。口絵写真はその長一こけしの表情である。

伊藤長一のこけしについては、第600夜と第778夜で、その戦後作を紹介している。戦前の経歴は「こけし辞典」によれば『山村を有効に使用する目的で、昭和14年秋、同部落伊藤肇宅にロクロ5台を設置し、鳴子から伊藤松三郎を招いて木地を修業した。・・・。昭和15年7月入隊、南支を経て昭和18年9月に除隊。以後ふたたび松三郎の指導を受けつつ昭和21年春に独立した。』と。従って、紙片の「昭和18年頃」が正しければ、除隊後に作り始めた当時に作品ということになる。

Cyoichi_s18_3men
写真(2)がその長一こけしである。大きさは5寸。下膨れの蕪頭、胴は細身で肩の山は高い。当時の松三郎こけしの伝承ということになるのであろう。

Cyoichi_s18_hikaku
写真(3)に松三郎こけしと並べてみた。真ん中が本項の長一こけし、右は戦前の松三郎で左は戦後30年台の松三郎。頭の形は戦後の左の松三郎に似ているが、18年頃の松三郎はこのような形だったのかも知れない。細身の胴、肩の高い山は戦前の松三郎を写している。顔の表情も概ね近いようだ。

Cyoichi_s18_doumoyo
写真(4)は胴模様をピックアップしたもの。それにしても、この模様は一体何なんだろうか。菱菊の上に描く横菊とも、または楓の変形とも、果ては蝶と言えなくもない。長一のこけしでこのような模様は見たこともないし、松三郎のこけしにも見当たらない。どなたか知っている方があれば教えて貰いたい。

|

« 第892夜:例会で入手のこけし(鈴木晃悦ほか) | トップページ | 第894夜:伊藤宏美のこけし »

古品」カテゴリの記事

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

祖父のコレクションこけしなのですが

かなりのコレクションの方ようなので

底の名前を お教えいただきたく この場をかりて メール差し上げました

お返事賜れば幸いです かしこ

投稿: たかいしふゆ | 2014年8月12日 (火) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第892夜:例会で入手のこけし(鈴木晃悦ほか) | トップページ | 第894夜:伊藤宏美のこけし »