« 第911夜:昭二or万之丞? | トップページ | 第913夜:忠のこけし(3) »

第912夜:橘コレクションのこけし(酒井正進と安藤良弘)

Ando_s09_kao

ここのところ毎週、ヤフオクに橘コレクションの古品が出品されている。保存状態は良くないものの、これらのこけしには昭和1桁代のものも含まれ、また「こけし談叢」「こけし作者」の掲載品という素性の確かさもあって毎回出品作を楽しみしている。なかでもここでしか見られないこけしは資料としても貴重である。今回、「こけし談叢」に載っている酒井正進(実際には安藤良弘)の面白いこけしが出ていたので、入手した。今夜は、そのこけしの話をしよう。口絵写真はその正進こけしの表情である。

Ando_s09_3hon

写真(2)に問題のこけしを示す。右の2本が今回入手したこけしである。真ん中は「こけし談叢」百九十四丁に写真掲載の3本の内中央の現品。左はその「こけし談叢」の写真である。談叢では、岩本芳蔵となっており、『肌の細かい豊かな頬、狭い額に打たれた赤い小さな三つ宛の点、笑いかけるいる様な三日月型の眼、厚くて小さい唇、内気で色気たっぷりな娘さんといった感じである。胴は珍らしい紫の花、それに緑の葉を配して、まるで派手な友禅の晴着である。』と解説されている。本項のこけしでは、残念ながら退色のため、紫の花と緑の葉は墨の輪郭のみ残して消えてしまっている。右のこけしは談叢掲載品ではないが、同手のこけしの1本と思われる。

Ando_s09_label

写真(3)は上記右2本のこけしの胴底に張られたラベルである。談叢のこけし(左)のラベルには「中の沢 1934.11 野々垣氏より 酒井正進」とある。また右のこけしラベルには「中の沢 1935.3 酒井正進(岩本芳蔵を訂正)」とある。いずれも当時は酒井正進のこけしで通っていたことが分かる。ところで、「こけし辞典」では、談叢のこけしは、安藤良弘(福島県立工芸試験場の技師)の描彩によるもので木地は岩本芳蔵とある。そして、安藤良弘は酒井正進や本田信夫のこけしの描彩を指導し、正進のこけしとして流布しているもののうちには、良弘の描彩によるものがあるのではないか、とも書かれている。上記右のこけしなどがそれに当たるのであろう。

さて、この2本のこけしは安藤良弘が作った見本のこけしと考えられるが、談叢の写真からでは分からなかった点も見つかった。頭頂部と鬢の様式である。

Ando_2hon_atama_bin

写真(4)は両者の側頭部を斜め上から眺めたものである。頭頂部には両者とも赤で桔梗と思しき文様が描かれている。鬢は後に丸く湾曲しており、左の談叢のこけしでは、この鬢の中にも桔梗模様が描かれている。この2本の細部を比べると、頭頂部の緑のロクロ線が左は黒い蛇の目の内側に1本だけであるが、右では蛇の目の内と外に2本描かれている。また、左にあった赤3点の額飾りが右では無くなり、前髪の様式も異なる。鼻と口の描法も異なる。

Ando_s09_4hon

写真(5)に、正進のこけしと並べてみた。右から2本目は昭和10年頃の正進(第274夜参照)、右端は13年の正進こけし。真ん中2本の桔梗模様を比べて頂きた。殆ど同じであることが分かると思う。正進の胴模様は良弘のものをそのまま使ったことが分かる。前髪、眉、三日月目も殆ど同じ様式と言える。

Ando_s09_4hon_atama

Ando_s09_4hon_bin

写真(6)(7)は頭頂部の蛇の目と鬢である。流石にこの2点については良弘の様式を流用していない。しかし右から2本目の蛇の目は緑のロクロ線が2本残っており、共通点も覗われる。鬢については全く違う。安藤良弘の見本から出発して、芳蔵本人型なども参考にして徐々に変わっていったのが分かる。

|

« 第911夜:昭二or万之丞? | トップページ | 第913夜:忠のこけし(3) »

中の沢亜系」カテゴリの記事

古品」カテゴリの記事

土湯系」カテゴリの記事

橘コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第911夜:昭二or万之丞? | トップページ | 第913夜:忠のこけし(3) »