« 第975夜:友の会11月例会(H26年) | トップページ | 第977夜:荒井金七の小寸こけし »

第976夜:鳴子こけしまつり(人形の家2014)

1411ningyo_gaikan

東京近辺では今年最後のイベントとなる「鳴子こけしまつり」が横浜の人形の家で今日から開催されているので出掛けて来た。今年は会場の場所が変わり、入館料(大人400円)が必要となった。雨の中、午後2時頃に会場に着いたが、会場は昨年までより少し小さく、こじんまりした感じである。今回は早坂さんが来ておらず、大沼秀顕、高橋義一、柿澤是伸の3名が出演されている。毎回楽しみにしている特別品は、今回は作れなかったとのことで残念であった。口絵写真は、黄色く色付いた銀杏と会場の人形の家である。

1411ningyo_iriguti

1411ningyo_tenji

会場の入り口と通路に展示されたこけし達。

1411ningyo_member

出演している3工人。左から、柿澤是伸さん、大沼秀顕さん、高橋義一さん。

1411ningyo_kannai

会場内の様子。

1411ningyo_gangu

木地玩具の遊具台と絵付けコーナー(奥)

1411ningyo_yoshinobu

1411ningyo_yoshinobu_up

柿澤是伸さんのコーナー。

1411ningyo_hideaki

大沼秀顕さんのコーナー。

1411ningyo_yoshikazu

1411ningyo_yoshikazu_cap

高橋義一さんのコーナー。前列左端は新作の藤模様のこけし、右3本は今年の美轆展用に作った帽子被りこけし。

1411ningyo_byosai

1411ningyo_rohiki

こけしの描彩とロー引きをする義一さん。

1411ningyo_get

今回入手したこけし。左3本は購入品で、義一3寸勘治型、是伸3寸8分勘治型、秀顕4寸たちこ。この3本購入で抽選が2回出来、絵葉書と右端のこけし(義一5寸勘治型)が当たった。

|

« 第975夜:友の会11月例会(H26年) | トップページ | 第977夜:荒井金七の小寸こけし »

その他」カテゴリの記事

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第975夜:友の会11月例会(H26年) | トップページ | 第977夜:荒井金七の小寸こけし »