« ★小林清次郎さん、会田栄治さん逝去さる! | トップページ | 第996夜:友の会3月例会(H27年) »

第995夜:柿澤是伸実演・販売会

150318_tiba_miage

昨18日より、千葉そごうで柿澤是伸さんの実演・販売会は開かれているので初日の夕刻に出掛けてきた。毎年恒例の「第23回宮城県の物産と観光展」の一環として開催されているもので、今では是伸さんの個展のような催しになっており、関東地方に春を告げるこけしのイベントとして楽しみにしている愛好家も多いことだろう。今回は、昨年ヤフオクを賑わせた橘コレクションの盛こけしの写しが出るということもあり楽しみでもあった。口絵写真は愛らしい見上げこけし。なお、会期は24日(火)までである。

150318_tiba_zentai_2

150318_tiba_yoshinobu

会場は千葉そごうの6階、今年は昨年までと場所が異なったいた。

150318_tiba_ttbn_sakari_gen

今回作られた橘コレクションの古作こけし4本。左2本は筆者蔵品。

150318_tiba_ttbn_sakari

こちらは、昭和7,8年頃の盛こけし(中央)と今回の写し。大きさは9寸。10本程作って持って来たとのことだが、既に4本しか残っていなかった。

150318_tiba_ttbn_sakari_dai

こちらは、盛の古型として知られているこけし(中央)とその写し。大きさは8寸。こちらも4本しか残っていなかった。

150318_tiba_ttbn_sakari_old

こちらも盛の古型として知られている白胴2種(左端、中央)とその写し。大きさは6寸5分。こちらは多めに残っていた。

150318_tiba_kesano

後方の3本はけさの型で、右2本(セロハン被り)は珍しい「ヒバ材」で作られている。「ヒバ材」は他に橘勘治型や秋田時代の盛型、水玉模様こけしなどがあった。

150318_tiba_daisun

大寸こけしと大ねまりこ、それに内裏雛こけし。

150318_tiba_daruma

達磨絵こけしと立ち達磨。

150318_tiba_mizutama

春らしい花模様と水玉模様のこけし。

150318_tiba_boshi

何とも愛らしい帽子こけし。伊達正宗の兜こけしもあった。

150318_tiba_tushin

メッセージこけし(通信こけし)。見上げこけしの胴の中に手紙を入れられるようにしたもの。

150318_tiba_ejiko

エジコ各種。

|

« ★小林清次郎さん、会田栄治さん逝去さる! | トップページ | 第996夜:友の会3月例会(H27年) »

その他」カテゴリの記事

写し」カテゴリの記事

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ★小林清次郎さん、会田栄治さん逝去さる! | トップページ | 第996夜:友の会3月例会(H27年) »