鳴子系

★「柿澤是伸特別頒布会」当選者発表!

千夜一夜物語完結記念「柿澤是伸特別頒布会」に13名の方から応募がありました。規定の10名を若干オーバーしましたが、以下の通り全員を当選として頒布することに致しました。

続きを読む "★「柿澤是伸特別頒布会」当選者発表!"

| | コメント (1)

★千夜一夜完結記念「柿澤是伸特別頒布会」(募集終了)

千夜一夜完結記念の第2弾として、鳴子系の柿澤是伸さんにご協力を頂き、「柿澤是伸特別頒布会」を企画しました。国恵志堂の「高勘系」古品を中心に、「原品」による復元をシリーズで行います。えじこや達磨も含めて、全15点をほぼ毎月1点のペースで順次、復元して貰う予定です。

Yoshinobu_hanpu_00

全15点の「原品」はこちらのもので、勘治一家など大正期のものから、戦前鳴子、秋田時代、戦後鳴子まで、「高勘」の勘治、盛、きくゑのものが中心です。多くの作が、今回初めての復元となります。なお、頒布が長期にわたるので、内容に変更があるかも知れません。

続きを読む "★千夜一夜完結記念「柿澤是伸特別頒布会」(募集終了)"

| | コメント (16)

第999夜:極美古品(伊豆定雄)

Sadao_izu_gokubi_kao_2

華やかな桜の季節もあっという間に終わり、いよいよ春爛漫と思いきや、夏を思わせる高温の日が続き、今日は一転、冬に戻ったかのような寒い雨降りである。さて、今夜は昨年ヤフオクで入手した極美古品の最終回、伊豆定雄のこけしである。定雄のこけしに関しては、第885夜で橘コレクションの現品を紹介したが、保存状態の悪さから判然としない部分もあった。今回の極美品により、その点がはっきりしたので改めて紹介したいと思う。口絵写真は、その極美定雄の表情である。

続きを読む "第999夜:極美古品(伊豆定雄)"

| | コメント (0)

第996夜:友の会3月例会(H27年)

1503reikai_omiyage_hidenori

今日22日は東京こけし友の会の3月例会があったのでその報告である。桜の開花間近の暖かさの中、初参加のジェファニーさんを含め82名の参加者があり盛会だった。お土産こけしは鳴子の大沼秀則さんのたちこ5種。新品頒布こけしは5工人の新作。例会ギャラリーは小松五平の第一人者と自他ともに認める鈴木幹事の五平こけし解説。こけし会ニュースを挟んで、第2部は、秋田県こけし展、WAZA2015のスライドでの報告とNHK「美の壺」のDVD放映があった。口絵こけしは秀則さんのお土産こけし。

続きを読む "第996夜:友の会3月例会(H27年)"

| | コメント (0)

第995夜:柿澤是伸実演・販売会

150318_tiba_miage

昨18日より、千葉そごうで柿澤是伸さんの実演・販売会は開かれているので初日の夕刻に出掛けてきた。毎年恒例の「第23回宮城県の物産と観光展」の一環として開催されているもので、今では是伸さんの個展のような催しになっており、関東地方に春を告げるこけしのイベントとして楽しみにしている愛好家も多いことだろう。今回は、昨年ヤフオクを賑わせた橘コレクションの盛こけしの写しが出るということもあり楽しみでもあった。口絵写真は愛らしい見上げこけし。なお、会期は24日(火)までである。

続きを読む "第995夜:柿澤是伸実演・販売会"

| | コメント (0)

第994夜:名古屋でのこけし展

150305nagoya_hidenemari

2週間程前に引いた風邪がなかなか完治せず、本ブログの更新も延び延びとなってしまった。そんな折、名古屋の東急ハンズでこけし展があり誘われたので、初日(5日)の夕刻から1泊で出掛けて来た。鳴子の大沼秀顕さんが実演に来ており、今年で3年目になるという。最初は鳴子系のこけしだけであったがが、他系統の工人にも声をかけて、今年は鳴子以外にも5系統の作品が集まり、華やかな催事になった。初日の開店時には多くの愛好家が列をなし、大変な賑わいであったという。人気の津軽系本間直子さんの作品は早々に売り切れになったそうで、私が訪れた時には既に1本も残っていなかった。昨今のこけしブームの波は全国的に広まりつつあるようで嬉しいことである。口絵写真は、秀顕さんの看板大ねまりこである。

続きを読む "第994夜:名古屋でのこけし展"

| | コメント (1)

第992夜:友の会新年例会(H27年)

1501reikai_omiyage

昨25日は、東京こけし友の会の新年例会があったので、その報告である。始まる前に会員に急病人が出るハプニングもあったが、予定通り13時30分に開会。出席者は115名で昨年よりやや少なかった。橋本会長の挨拶に続いて、招待工人である佐藤正廣・康広さんお二人の紹介と、挨拶があった。続いて平成26年度例会皆勤者20名の紹介と記念こけし(康広作)5寸の贈呈があった。お土産こけしは阿保六知秀さんと岡崎斉一さんの4寸こけし。新年例会での頒布は全品新品で、その解説があった。今回は抽選品は無く、入札こけしは玩具も含めて27点が出品された。こけし界ニュースを挟んで、最後は工人さんからの寄贈こけしも含めた大ジャンケン大会が行われ、盛会の内に終了した。その後、有志約40名が参加して、正廣・康広両工人を囲む会が開かれ、こちらも大盛況であった。なお、正廣さんからは百万塔5点他の寄贈があり、ジャンケン大会と囲む会で参加者に贈呈された。口絵写真はおみやげこけし2点。

続きを読む "第992夜:友の会新年例会(H27年)"

| | コメント (0)

第990夜:「日本の郷土玩具」展

150110kazuto_silkscreen

昨日(9日)より、表参道のOPAショップ/ギャラリーにて佐々木一澄氏(東京こけし友の会会員)企画による「日本の郷土玩具」展が開催されているので、本日午後に行って来た。土曜日の午後で賑わっている表参道・青山通りから少し中に入ると、古い団地(青山北団地)が残っており、その一角にOPAショップはあった。ショップは人が4人も入れば一杯になってしまうほどで、その壁面に日本各地の郷土玩具が整然と飾られており、その一角にこけしも並んでいた。ショップの隣はギャラリーになっており、こちらはショップよりはかなり広く、佐々木一澄氏の個展が開かれていた。個展の方は、三方の壁面に一澄氏の作品が飾られており、中央には大きなテーブルが置かれていて、ここには一澄氏のコレクションの郷土玩具とこけしが並んでいた。ショップの方は28日(水)まで開かれているが、個展の方は14日(水)で終わりなので注意されたい。口絵写真は、一澄氏の作品のシルクスクリーンで伊藤松三郎の木取りを描いたものとのこと。

続きを読む "第990夜:「日本の郷土玩具」展"

| | コメント (0)

第985夜:昭二の岩蔵型(S36年)

Syo2_iwazos36_dai_kao_2

戦後の鳴子こけしを支えた名工のひとり桜井昭二さんは、種々の型のこけしを作っているが、本命は伯父であり師匠である大沼岩蔵のこけしなのであろう。国恵は昭二さんのこけしでは庄司永吉型に力を入れてきたが、岩蔵型はそれほど集中的には集めて来なかった。そんな中で、昭和36年作の岩蔵型はやはり後世に残る秀作だと思う。今夜は、そんなこけしを紹介したい。口絵写真は、昭和36年作岩蔵型の表情である。

続きを読む "第985夜:昭二の岩蔵型(S36年)"

| | コメント (0)

第982夜:TV収録余話

Tv_syuroku_syogo_kao_2

BS朝日の「アーツ&クラフツ商会#6」でこけしが取り上げられることになり、友の会の11月例会で予備調査、12月例会で正式な取材があった。また番組内の系統説明のコーナーに出演の依頼があり、小生に白羽の矢があたり、今夜、その収録に行ってきた。事前の打ち合わせで、解説する系統を4つ(津軽、鳴子、遠刈田、土湯)に絞ったので、それぞれのテーマに沿ったストーリーを考え、それをソラで話せるように何十回も練習して臨んだのだが、結果は燦燦たるものであった。口絵写真は、番組に登場する高橋正吾さんのこけしの表情。

続きを読む "第982夜:TV収録余話"

| | コメント (5)

より以前の記事一覧