第319夜:友の会12月例会(H30)

1812reikai_noboru

昨9日(日)は東京こけし友の会、今年最後の例会があった。こけし界ニュースで今年亡くなった工人を偲んだ後、例会ギャラリーは江口委員の担当で木地について興味深い話があった。おみやげこけしは遠刈田系の我妻昇さん。今月の新品は今年の頒布こけしのストックが特別価格で頒布された。他に保存状態の良い中古こけしやこけし関連文献の頒布も多数あった。第二部では、高尾山こけしまつりやみちのくこけしまつりの報告がスライドを用いて行われた。その後、橋本正明氏より「たつみ頒布の慎二こけし」の話があり、そのたつみ頒布用の慎二こけしが出席者全員に配布された。最後に恒例のじゃんけん大会で閉会となった。なお、鳴子の大沼秀顯さんが飛び入りで例会に参加されて、今年最後の例会に華を添えた。口絵写真は筆者が手渡されたおみやげこけし。

» 続きを読む

第318夜:垂涎の栄治郎型(幾雄)

Ikuo_eijiro_s31_kao

一時期、国恵は栄治郎型と勘治型に凝ったことがあった。栄治郎と勘治の大寸こけしはいずれも明治期の作品であり、こけし界を代表する名物こけしである。そのこけしの復元作(写し)を集めようと思ったのである。特にその型の後継者として定評のあった岡崎幾雄さんと遊佐福寿さんの原寸ものは毎年現地に足を運んで入手を心掛けた。しかし、当時は第二次こけしブームの最中、その入手は簡単ではなかった。幾雄さんの栄治郎型は昭和31年から製作されており、「こけし 美と系譜」にその初期作の写真が載っているが、その時期の作品との出会いはなかなか訪れないまま今に至っていた。先週、ヤフオクで締め切りのあった幾雄さんの栄治郎型は待ちに待った初期の作品であった。今夜はそのこけしを紹介したい。口絵写真はその表情である。

» 続きを読む

第317夜:遂に巡り合った岩蔵!(偽出品にご注意を)

Iwazo_s13_kao

いつからか「鳴子の国恵」と言われるようになって、その内に本人もその気になって、鳴子のこけしには一段と力を入れて集める様になった。お陰で、鳴子系で古いこけし、珍しいこけしもコレクションの中に並ぶようになった。しかし、鳴子を代表する岩蔵のこけしには縁がなかった。岩蔵のこけしは古品にもかかわらず結構な数が出回っているが、国恵が欲しいと思うようなものには出会わなかった。そんな中で10月にヤフオクに出た岩蔵は何としても手に入れたいこけしであった。今夜はそんな想いで国恵志堂にやってきた岩蔵こけしを紹介したい。口絵写真はその岩蔵こけしの表情である。

» 続きを読む

第316夜:喜平の鯨目(戦前)

Kihe_s15kujira_kao

福島県飯坂温泉の渡辺喜平のこけし(特に戦前作)は好きなこけしの一つでもあり、本ブログでも何回か紹介してきた。喜平は正末昭初からこけしを作っていたようだが、確実に喜平作と言われるこけしは昭和16年以降のものであるようだ。その喜平のこけしには目の描法が異なる2種があり、一方は一側目で眼点が大きくて丸いドングリ目のもの、他方は鯖湖の鯨目である。これまでドングリ目のこけしは入手できていたが、鯨目には縁が無く、ようやく手にすることが出来たので紹介したい。口絵写真は鯨目こけしの表情である。

» 続きを読む

第315夜:ヤフオクの拾い物(賢二郎)

Hiroken2ro_kao

今日から12月である。早いもので今年もあとひと月になってしまった。年初に計画したプランはまた来年に持ち越しとなりそうである。さて、Kさんより見せて貰ったもう1本のこけしを紹介しよう。初めて目にした時、その張りのある表情に好感をもったが、手の込んだ胴模様は初めて見るものであり誰の作かは思い当たらなかった。ヤフオクの出品が増えるにつれて、色々と面白いものも出てくるようになり、それはそれで楽しいものである。こういったこけしを安価に入手した楽しむのも、こけし蒐集の醍醐味の一つなのであろう。口絵写真は、そのこけしの表情である。

» 続きを読む

第314夜:ヤフオクの拾い物(左京)

Sakyo_s33_kao

国恵(筆者)がインターネットのヤフーオークション(ヤフオク)を知ったのは今から17年前。当時はヤフオクが始まって未だ間もない頃で、こけしの出品も多くはなく価格も結構高かったと思う。それが今では10本、20本と纏めて出品され、価格も一部を除いて驚くほど安価である。第二次こけしブームと言われる昭和40年から50年頃に大量に集められたこけしが、所蔵者の高齢化などにより市場に出てきているからであろう。先日、同好のKさんから最近ヤフオクで入手したというこけしを2本見せて貰った。あまり注目されず安価に入手したとのこと。面白い出来なので紹介したいと思う。口絵写真は、その新山左京のこけしの表情である。

» 続きを読む

第313夜:弘道の微笑み(S34年の変化)

Hiromiti_s340902_kao

今、斎藤弘道の昭和34年後半の作品がヤフオクに出ていて、結構な価格になっている。弘道のこけしは昭和33~34年頃のものが評価が高く人気もある。弘道LOVEの国恵志堂でもこの時期の作品には特に注意を持って眺めてきた。手作業で作るこけしであれば、全く同じように作っていても時の流れとともに変化は出てくるもので、34年作の署名のある作品でも前半と後半では細部に違いが出てきており、その微笑みから受ける印象も違ってくる。今夜はその辺りの所を見てみたい。口絵写真は、ひと月ほど前にヤフオクで入手した34年後半弘道の表情である。

» 続きを読む

第312夜:友の会11月例会(H30)

1811reikai_atushi

昨25日(日)、東京こけし友の会の11月例会があった。近くの「ひやね」で山河之響会の展示会も開催されており、両者を目的に参加された方もあったようだ。参加者は初めての方2名を含めて52名であった。NHK番組制作のための見学もあり、また「ひやね」に来ている桜井昭寛さんが来年開催されるイタリア・ミラノ展のための支援要請(クラウド・ファウンディング)の挨拶に来られた。おみやげこけしは、弥治郎の木村敦さん。例会ギャラリーは田村会員の担当で「冠こけし」に関して、作品を展示され、スライドで解説された。新品頒布は6工人。また、橋本正明さんから「たつみ」とたつみ頒布こけしの解説があり、会から出席者に「たつみ」頒布のこけし(佐藤忠の幸之助型)がプレゼントされた。第二部では、とげぬき地蔵尊高岩寺で開かれた山形県こけし製作・実演の様子が紹介された。口絵写真は、筆者が受け取った木村工人のおみやげこけし。

» 続きを読む

第311夜:こけし談話会(忠蔵一家)

1811danwa_chuzo12_kao

昨18日(日)は東京こけし友の会の「こけし談話会」があった。テーマは高橋忠蔵一家のこけしで初参加の方も含めて13名の参加があった。予定された方が来られなくなったため大正期の作品は見られなかったが、橘訪問(昭和12年)後の忠蔵こけしが幅広く持ち寄られた他、珍品の忠臣、佳隆の初期作、通、美恵子、順子のこけしが展示され、忠蔵一家のこけしを堪能することが出来た。また、昭和16年作のキンこけしもあった。口絵写真は昭和12年頃の忠蔵こけしの表情である。

» 続きを読む

第310夜:正吾さんの武蔵下目の写し

Syogo_takeshitame_kao

友の会旅行の最終日、新青森からの帰途、仙台に一泊して翌22日、鳴子に向かった。月曜にも拘わらず鳴子温泉駅は観光客で大賑わい。その殆どが中国人であった。駅前から観光バスで出発したので、紅葉の名所の鳴子峡に向かったのであろう。しかし、紅葉には未だ早いようであった。大沼秀雄さんは病院に行っていて不在、高橋正吾さん宅に向かった。何と今年になって4回目の鳴子訪問である。今回は7月に来た時にお願いした下目の武蔵の写しを受け取るためである。ひとしきり雑談した後に出してくれた武蔵写しは期待通りの素晴らしい出来ばえ。今夜はそのこけしを紹介したい思う。口絵写真はその武蔵写しの表情である。

» 続きを読む

«第309夜:友の会10月例会(H30)

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ