« 第28夜:チビ盛が来た! | トップページ | 第30夜:高橋林平のこけし »

第29夜:津軽の競作3(佐藤善二)

Zenji_kasakobe_kao

先日のヤフオクに佐藤善二の笠幸兵衛型こけしが出ていた。津軽系の多くの工人が、この笠幸兵衛型を作っているのは良く知られているが、幸兵衛型の先駆者である善二の笠幸兵衛は今まで見たことがなかった。これは何とか手許で良く見てみたいと思い、頑張って入手した。出品者によれば、善二はデパートでの催事に出る時には普段作らないものを目玉商品として作っていたとのことで、この笠幸兵衛型もそんな折に作られたのであろう。口絵写真は、その表情である。

Zenji_kasakobe_atama

こちらが、本項の笠幸兵衛の全身と笠の上面である。大きさは6寸。「原」である幸兵衛の笠こけしは木村弦三コレクションの1本のみが知られており、津軽系工人の笠幸兵衛型は、これを模したものと思われる。「原」こけしと比べると、本項のこけしは先ず笠のカーブの膨らみが無く直線的である。また、顔の輪郭も顎の部分が角張っており精悍な表情になっている。首は「原」よりやや細く、胴は肩の張りもやや強いようだ。また、笠上面に描かれる紫線は6本となっている。

Zenji_kasakobe_hikaku

善二の弟子の笠幸兵衛型を並べて見た。右から善二、阿保六知秀、笹森淳一、本間直子のこけしである。他に、善二の息子の佳樹と小島俊幸も作っているようである。同じこけしを「原」として作っても、各工人の個性が表れるところが手作りの伝統こけしの良さであり、面白味でもある。

« 第28夜:チビ盛が来た! | トップページ | 第30夜:高橋林平のこけし »

津軽系」カテゴリの記事

写し」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

こちらに移店していると知りませんでした。
楽しみにしております。

江口芳夫様
お世話になっております。
こちらの(Ⅱ)の方も、よろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第29夜:津軽の競作3(佐藤善二):

« 第28夜:チビ盛が来た! | トップページ | 第30夜:高橋林平のこけし »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ