« 第30夜:高橋林平のこけし | トップページ | 第32夜:友の会10月例会(H27年) »

第31夜:古計志加々美のこけし(渡辺喜平)

Kihei_kagami_kao

先日、ヤフオクで入手したこけし(渡辺喜平)の届いたので、胴底を見てみると工人名、入手日(製作日)の他に、朱色の漢数字で番号が記されていた。朱色の漢数字の番号と言えば、あの大正期盛の胴底にも記されており、戦前のこけし文献「古計志加々美」に掲載されているこけしを示す目印にもなっている。そこで、早速「古計志加々美」を開いてみると、モノクロ頁の36番にそれと思しきこけしが載っていた。形と描彩の特徴から、加々美のこけしに間違いなく、今夜はそれを紹介したい。口絵写真はその表情である。

Kihei_kagami

こちらが、本項のこけし(大きさは8寸)である。緑の色がかなり退色しているものの、全体の状態は概ね良好である。胴底の記載より、昭和16年2月12日入手と思われる。

Kihei_kagami_hikaku

手持ちにある同手の喜平こけしと並べて見た。右のこけしは大きさ9寸で、胴底には何も書かれていない。形態・描彩ともほぼ同様のこけしであるが、細部を見ると若干の違いがみられる。面描では、前髪の髪先が右ではバラ筆でバラバラに描かれているのに対し、本項のこけしでは一筆ずつ分けて描かれている。また、口が右では墨の二筆なのに対し、本項のこけしでは、墨の二筆に紅が差されている。また、胴のアヤメ模様の花が、右では花弁の中心に2点の花芯が見られるが、本項のこけしでは描かれていない。

Kihei_kagami_sakari

Kihei_kagami_nbr

「古計志加々美」に掲載の2本のこけし(喜平と盛)とその胴底を示す。喜平(七〇二)と盛(六四八)の番号が記されている。

« 第30夜:高橋林平のこけし | トップページ | 第32夜:友の会10月例会(H27年) »

土湯系」カテゴリの記事

古品」カテゴリの記事

写し」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第31夜:古計志加々美のこけし(渡辺喜平):

« 第30夜:高橋林平のこけし | トップページ | 第32夜:友の会10月例会(H27年) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ