« 第39夜:友の会11月例会(H27年) | トップページ | 第41夜:秀顯さんの岩太郎型(製作に至るまで) »

第40夜:鳴子こけしまつり(人形の家)

151128ningyo_icyo

昨日(27日)から、横浜人形の家で恒例の「鳴子こけしまつり」が開催されているので、今日の午後に行って来た。なんでも、今年で21回目になるとのこと。首都圏でこれだけ長く続いているこけしイベントも珍しく、工人始め関係者の努力に感謝したい。初日の昨日の午前中はかなりの人出で、こけしも沢山売れたらしく、今日の午後ではかなり少なくなっていた。なお、今回は、参加工人の合作こけしは作れなかったとのこと。参加工人は去年と同じ3人で、高橋義一、大沼秀顕、柿澤是伸の各氏。会期は明日(29日)までである。口絵写真は、会場近くの横浜タワーをバックにした銀杏の黄葉。

151128ningyo_3nin

こちらが参加の3工人。左から、柿澤是伸さん、高橋義一さん、大沼秀顕さん。義一さんは恒例の同窓会に出掛けるために外出姿に・・・、帽子が良く似合う。

151128ningyo_kaijyo

こちらは会場の様子。最近人気のこけしの絵付けも行われている。

151128ningyo_yoshikazu

高橋義一さんのコーナー。勘治型3本(左手後方)、縞模様4本(左手前方)、あとは普通型のこけし。昨日は、もっと色々なこけしがあったそうだ。

151128ningyo_hideaki

大沼秀顕さんのコーナー。3人の中では種類、数とも一番多くの作品が並んでいた。紫色の帽子を被ったこけしは新作。象嵌入りえじこや雛こけしも揃っていた。

151128ningyo_yoshi_boushi

柿澤是伸さんのコーナー。もう残り僅かとなっていた。

151128ningyo_yoshi_kamakura

是伸さんの新作、「かまくら」か…。

151128ningyo_yoshi_koirieji

こちらも是伸さんの子持ち大えじこ。中を刳り抜いたエジコに小こけし9本と小ねまりこ、小えじこが入っている。作品が少なくなったためか、帰る時には、中の小こけしが単品で売物になっていた。

« 第39夜:友の会11月例会(H27年) | トップページ | 第41夜:秀顯さんの岩太郎型(製作に至るまで) »

鳴子系」カテゴリの記事

こけしイベント」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。 会場でお世話になった者です。

実演を間近に見たり、工人さんと話したりするのは初めてのことで、
内心舞い上がっておりました。
それが、国恵さまからこけしにまつわる貴重なお話を聞いたり、
選ぶ際のポイントなどを教えていただいたことで、次第に気持ちが落ち着き、
自分好みの初鳴子ちゃんを選び、連れて帰ることができました。
とてもとても楽しいひとときでした!ありがとうございます! 
(今朝もちょっと首を鳴らして、うん、鳴子だーと確認)

会場で絶妙なナビゲートをしてくださった方=愛読し始めたブログの主さま、
だったのですねぇ・・(汗)
なんという幸運!という想いと、愚問ばかり重ねてしまった恥ずかしさが
見事に(笑)交差しております。 どうかお許しくださいませ・・


奥深いこけしの世界。
入り口にも立っていないような私ですが、愉しみながら、細く、長く
続けてゆけたら・・と思っています。

長文失礼いたしました。
季節柄、どうぞご自愛ください。

こけし千夜一夜物語ファンより 


アイスカチャン様
人形の家では、色々とお話ができて良かったです。
来客が少なかったこともあり、こけしをじっくり見ることが出来ました。
お気に入りの鳴子こけしを入手されたとのこと良かったですね。
来年は、ぜひ産地を訪れて、工人さんとも仲良くなって下さい。
千夜一夜もまだまだ続きますので、これからもよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第40夜:鳴子こけしまつり(人形の家):

« 第39夜:友の会11月例会(H27年) | トップページ | 第41夜:秀顯さんの岩太郎型(製作に至るまで) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ