« 第45夜:友の会12月例会(H27) | トップページ | 第47夜:小林善作のこけし(A型復元) »

第46夜:二代目虎吉のこけし(2)

Tora2_ooatama_kao

昨日の東京こけし友の会の入札には、心惹かれるこけしが多々あった。出品数は13点で、大きさも8寸前後と手頃であり、保存状態も完璧に近いものが多かった。友の会の例会入札は入札者が例会出席者に限られ、一札入札であるため競り合いによる価格の上昇は無く、最低価も低く抑えられているため、程々の価格で良品が入手出来るのが嬉しい。入札結果は3点に入札して2点を落札することが出来た。今夜はその内、二代目虎吉のこけしを紹介しよう。最近の友の会例会には、二代目虎吉の良品が度々出品され、今回の作も素晴らしいものであった。口絵写真は、その表情である。

初代虎吉の優作は、こけしを本格的に作り始めた昭和15年から16年頃に多いとされ、大きな頭に三角胴の明敏なこけしである。二代目虎吉もその時期の初代虎吉こけしの写しを作っており、筆者渇望のこけしでもある。その1尺ものに関しては千夜一夜(Ⅰ)の第988夜で紹介している。但し、そちらは胴のロクロ線が紫であり、有色材の胴の色に吸収されたようで鮮やかさに欠ける。今一つ満足度に欠けるものであった。

Tora2_ooatama_midori

こちらが、今回友の会例会入札で入手したこけしである。大きさは8寸5分。木地が地梨と思われ保存状態は完璧である。緑のロクロ線が鮮やかであり、一番下に引かれた1本の紫ロクロ線が絶妙のアクセントになっている。大きさと云い、ロクロ模様と云い、また明敏な表情と云い、初代虎吉の優作を彷彿される出来栄えで、国恵志堂満足の1本となった。

Tora2_ooatama_midori_hikaku

前述(988夜)のこけし(左)と並べて見た。大きさとロクロ線の色以外は全く同種のこけしであることが分かる。同じ時期の作であろう。木地に有色材を使ったのは落ち着いたしっとり感を出すためと思われるが、左の1尺はその木肌の色にかなり影響されて描彩の鮮明さが損なわれているようだ、その点、右の作は木肌の色がやや薄いためもあってか、面描、胴模様とも鮮やかに見える。これは木地に有色材を使った場合のリスクなのかも知れない。1本残すとすれば右のこけしと云う事になろうか…。

« 第45夜:友の会12月例会(H27) | トップページ | 第47夜:小林善作のこけし(A型復元) »

土湯系」カテゴリの記事

写し」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第46夜:二代目虎吉のこけし(2):

« 第45夜:友の会12月例会(H27) | トップページ | 第47夜:小林善作のこけし(A型復元) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ