« 第54夜:久治のペッケ | トップページ | 第56夜:吉三郎のこけし »

第55夜:定雄のペッケ

Sadao_pekke_kao

箱根駅伝の復路も青学大の圧勝となり、往路・復路を合わせて一度もトップを譲らない完全優勝となった。全10区間中の6区で区間賞をとり、復路の6区では1年生が区間記録タイで2位になるなど世代交代にも配慮した原監督の手腕には脱帽である。さて、これで駅伝三昧の正月も終り、明日からはいつもの生活が戻ってくる。今夜は弥治郎ペッケの3回目、新山定雄を取り上げよう。口絵写真は定雄のペッケの表情である。

Sadao_pekke

こちらが定雄のペッケである。大きさは5寸。新山定雄は明治41年、弥治郎の生まれで、久治郎の4男である。大正10年に高等小学校を卒業後、兄久治について木地修業をし、こけしも作った。大正14年に上京して運転手に転業、昭和27年に木地を復活。30年より本格的にこけしの製作を始めたが、35年より病で休業状態となり、昭和56年5月29日、83歳で没した。戦前作は残っておらず、戦後作もあまり多くは作っていないようだ。本作は底に50才との署名があり、昭和33年の作である。胴の括れたペッケであるが、胸部は小さく裾部が大きな木地形態である、裾の赤線が2本の山形であるのが、兄たちとは異なる。頭は平頭ではなく丸型で、大きなクリクリ目が愛らしい。

Sadao_pekke_kumi

定雄のペッケも8寸の大寸物と並べてみた。大寸も50才作であるためこけしの雰囲気は同じであり、ペアで並べると親子のようでうまくマッチしている。新山兄弟の中では最も質素であるが心落ち着くこけしである。

« 第54夜:久治のペッケ | トップページ | 第56夜:吉三郎のこけし »

弥治郎系」カテゴリの記事

小寸こけし」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

可愛らしいペッケ。
可愛いこけしに出会うと涙が出てきてしまうのはナゼ?(年かな・・・)
今年も宜しくお願いいたします!

ピノ助 様
それだけ感受性が強いということですよ(笑)!
よろしくお願い致します!

今年も、よろしくお願いします。
初歩的質問で恐縮です。
話題「ペッケ」の意味と、語源を教えてください。

egucci 様
こちらこそ、よろしくお願い致します。
「ペッケ」は弥治郎系の小寸こけし(5~7寸)で、木地は作り付け、首に鉋溝が入り、胴が括れたものを言い、
新山一家や小倉一家のこけしによく見られます。ペッケの語源はペケで屑という意味のようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第55夜:定雄のペッケ:

« 第54夜:久治のペッケ | トップページ | 第56夜:吉三郎のこけし »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ