« 第75夜:H27友の会旅行(こけし) | トップページ | 第77夜:木形子洞頒布の泰一郎(利吉名義) »

第76夜:安藤勇亀のこけし

Yuki_18sai_kao

先日、楽語舎を訪れた折、1本の細長いこけしが目に付いた。安藤勇亀のこけしである。勇亀のこけしは、友の会の例会の中古こけしで見かけたこともあったが、あまり知られていないこけしであり、また18才との署名もあることから取り上げて紹介することにした。口絵写真は、その勇亀こけしの表情である。

安藤勇亀の経歴などを調べるために最新の「伝統こけし最新工人録」を見てみると、休業・廃業などの未掲載リストに載っており、生年月日は昭和42年3月16日となっている。従って現在は49歳ということになる。「Kokeshi Wiki」には、勇亀の項目は無いが、父安藤勇の項目に『昭和58年より長男の勇亀が弟子となって木地の修行を始めた』と記載されている。こけしの写真は、「東北のこけし」に平成2年の作が載っている。

Yuki_18sai_3men

こちらが、今回の勇亀のこけし。大きさは6寸3分、ペンシルこけしと言っていいような細いこけしである。頭頂部だけの黒頭、集中度の強い小さな二側目に丸鼻と笑口。胴は上下に2本ずつの太い赤ロクロ線と細い緑ロクロ線を引き、間に重ね菊を描いている。裏模様には牡丹が大きく描かれている。父勇の師匠丑蔵の湯田こけしを引き継いだこけしになっている。

Yuki_18sai_syomei

胴裏に書かれた署名。勇亀18才と読める。勇亀は昭和58年(16歳)より木地修業を始めたようであるから、2年経った頃の作。もはや初期作とは言えない程にしっかりしたこけしに仕上がっているのが分かる。

« 第75夜:H27友の会旅行(こけし) | トップページ | 第77夜:木形子洞頒布の泰一郎(利吉名義) »

肘折系」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第76夜:安藤勇亀のこけし:

« 第75夜:H27友の会旅行(こけし) | トップページ | 第77夜:木形子洞頒布の泰一郎(利吉名義) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ