« 第82夜:友の会3月例会(H28年)祝!女子カーリング準優勝 | トップページ | 第84夜:秋山一雄のこけし(復元作) »

第83夜:昭三のこけし(3)

Syozo_s4303_kao

小林昭三のこけしを始めて入手したのは、3年前の10月、友の会の入札であった。千夜一夜(Ⅰ)第872夜参照。そして、今年の1月例会で2本目のこけしを入手した(第66夜参照)。同じようなこけしであれば1本あれば良いのだが、表情や型が違うと比較のためにもまた入手してしまう。今回の昭三もそんな1本であった。口絵写真は今回入手した昭三こけしの表情である。

Syozo_s4303

こちらが今回の昭三こけしである、大きさは8寸1分。胴底には本人の署名と年齢(26才)があり、「43.3.22」の書き込みもある。角張った頭に肩の張った直胴。胴は下部で僅かに膨らみ、裾部では逆に窄まっている。第872夜で紹介した昭三こけしは昭和43年1月のもの。本作はそれから2か月ほど後の作ということになる。


Syozo_s4303_hikaku

Syozo_s4303_yoko_hikaku

こちらに、手持ちの3本を並べて見た。左から43年1月、同3月、44年5月。昭三のこけしは昭和42年頃のものから知られており、左のこけしは初期の俤を色濃く残している。真ん中の3月作ではやや変化が表れている。頭の形が1月作では下部がやや膨らんだ下膨れ形なのに対し、3月作では逆に頭の上部が大きくなっている。前髪、鬢もやや大きくなり、目も下瞼に湾曲がつくと共に中央に寄って、位置も上方になってきた。視線は上を向いている。1月の漫画チックな表情に比べると整った表情になっており、幼子が成長した顔になったようにも見える。赤、緑、紫、黄の4色を使ったロクロ線は太さを変え、配色も見事である。それから1年、昭三のこけしは大きく変わる。その変化の原因が何にあるのかは定かではない。しかし、それでも別の意味で肘折らしさを失っていないのは流石である。

Syozo_s4303_atama_hikaku

頭頂部の違いである。左では前髪の両脇に黄色が塗られていたようだ。真ん中では頭頂部の中央、手絡の真ん中に緑点が入り、右ではその緑点が更に大きくなっている。そして前髪の両脇には緑三筆の飾りが描かれるようになった。

« 第82夜:友の会3月例会(H28年)祝!女子カーリング準優勝 | トップページ | 第84夜:秋山一雄のこけし(復元作) »

肘折系」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第83夜:昭三のこけし(3):

« 第82夜:友の会3月例会(H28年)祝!女子カーリング準優勝 | トップページ | 第84夜:秋山一雄のこけし(復元作) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ