« 第79夜:是伸展in千葉 | トップページ | 第81夜:「是伸頒布会」第4回裏話 »

第80夜:「是伸頒布会」第3回裏話

Yoshihanpu03_kao

先日、「柿澤是伸特別頒布会」第3回、第4回の頒布を行ったので、今夜は第3回頒布こけしの製作経過をお話ししたい。第3回頒布の「原」こけしは、橘文策著「木形子談叢」に掲載されている盛こけしである。橘氏が昭和7年9月末に鳴子を訪問し、岡崎斎の店頭で見付けたもので、盛の古型として入手されたものと記されている。昭和7年時点で古型と称していることから、正末昭初頃に作られていたこけしと言う事だろうか。このこけしは同じく橘文策著の「こけしと作者」にも再掲載されている。口絵写真は、その写しの表情である。

Yoshihanpu03_hikaku

この写しについては、ちょうど一年前の3月に試作品を少数作って貰った(写真左)。「原」こけしは保存状態が悪く、描彩も緑色は殆ど消えているため、是伸さんの見立てで作って貰ったものである。木地形態はかなり「原」に忠実に作られているが、描彩については是伸さんが作っていたこけしを参考にしている。そのため、赤い鬢飾りが2筆、鬢の下部が3筆、胴の菊模様の花弁がくっ付いている等の差異が見られた。左から2本目は今年の1月、「原」をじっくり見て作って貰ったもの。鬢飾り、鬢の下部等は改善され、胴の菊模様も古風になってきたが、下膨れの頭の形や肩の大きな盛り上がりなどに改善の余地が残った。また、胴上部の添え葉が殆ど見えなかったので無くなっている。そこで、「談叢」の写真のコピーを添え、改善点を指摘して作られたのが、今回の頒布品(右から2本目)である。右端の「原」こけしと比べて、頭と肩の形が修正され、木地形態は満足のいくものとなった。また、描彩も胴上部の添え葉が復活し、菊の花弁も一枚ずつ離れて古風な雰囲気が出て来たが、筆の違いのせいか、無雑作に描いたような「原」のざっくり感は今一つというところであろうか。

Yoshihanpu03_kao_hikaku

頭部の形と表情を比較してみた。「原」こけしでは、頭が平らで上部が窄んだ下膨れの特異な形態が目を引くが、是伸さんの見立てでは、頭の辺りに節のようなものがあり、それを避けるために削った結果ではないかと。この頭と頭の半分ほどもある大きな肩の盛り上がりをよく再現してくれたものと思う。素朴な表情も良く出ていると思う。

Yoshihanpu03_hako

是伸頒布会の特徴でもあるこけし絵の描かれた箱も紹介しておこう。

« 第79夜:是伸展in千葉 | トップページ | 第81夜:「是伸頒布会」第4回裏話 »

鳴子系」カテゴリの記事

写し」カテゴリの記事

国恵志堂特注」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第80夜:「是伸頒布会」第3回裏話:

« 第79夜:是伸展in千葉 | トップページ | 第81夜:「是伸頒布会」第4回裏話 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ