« 第105夜:久志の大頭こけし(鎌倉の花火) | トップページ | 第107夜:日出男の甚四郎型(荒川の花火) »

第106夜:友の会7月例会(H28年)

160724reikai_onodera

昨24日は東京こけし友の会の7月例会があったので、その報告である。ぐずついた梅雨空が上がって久しぶりの青空の中、新参加者3名を含めて81名の参加者があった。おみやげこけしは木地山の小野寺正徳さん。会は、こけし界ニュースで始まり、ギャラリーは鈴木幹事の担当で十八番である木地山系の第2弾「小椋久太郎」を戦前作を中心に解説された。新品頒布は6工人。入札・抽選の解説のあとは、お待ちかねの頒布。第2部は、高岩寺での遠刈田こけし製作実演や美轆展の様子等がスライドで紹介された。最後に、恒例のじゃんけん頒布を行って閉会となった。口絵写真は小野寺さんのおみやげこけし(治一型)である。

160724reikai_omiyage

こちらが、小野寺さんのおみやげこけし4種。

160724reikai_garally1

例会ギャラリーで展示された小椋久太郎のこけし各種。

160724reikai_new

こちらが新品頒布こけし。左から、岩附義正(七郎型、虎吉型)、吉野稔弘、新山民雄(ペッケ型、栄五郎型)、五十嵐嘉行2種、阿部市五郎(石蔵型2種)、吉野誠二。

160724reikai_cyuko

こちらは中古頒布品の群像。

160724reikai_nyusatu

こちらが入札こけし。後列左から、石原日出夫(甚四郎型)、佐藤文吉(43年)、奥山喜代治、二代目虎吉(浅之助型)、佐藤丑蔵(77歳)、佐藤光保、佐藤昭一(大正型)。前列左から、斉藤弘道、佐藤英太郎(復帰第1作)、阿部平四郎(33年)、阿部陽子、佐藤文男、佐藤文吉(小寸2本組)、二代目虎吉、佐藤春二、高橋忠蔵(73歳)。

160724reikai_cyusen

こちらが抽選こけし。後列左から、佐藤英太郎(木地人形)、笹森淳一(伊太郎型、本人型)、井上ゆき子、佐藤英太郎。中列左から、二代目浅之助(浅之助型)、小椋捨治郎、会田愛子、今晃、小椋雄三郎、大沼健三郎。前列左から、井上ゆき子、今晃、小林元(小林定雄息子)、高橋忠蔵、阿部進矢、坂下隆男。

« 第105夜:久志の大頭こけし(鎌倉の花火) | トップページ | 第107夜:日出男の甚四郎型(荒川の花火) »

木地山系」カテゴリの記事

友の会」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第106夜:友の会7月例会(H28年):

« 第105夜:久志の大頭こけし(鎌倉の花火) | トップページ | 第107夜:日出男の甚四郎型(荒川の花火) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ