« 第119夜:裕介さんの精助写し | トップページ | 第121夜:寿彦の勘治型 »

第120夜:こけし談話会(H28#2)

160918danwakai_shikama_kao

昨18日は東京こけし友の会の「こけし談話会」があったので、その報告である。通常は第2日曜日が定例であるが、9月の第2週は友の会の旅行会が入っていたため、一週ずれて第3週になった次第である。今回のテーマは「本田鶴松・亀寿のこけし」で、出席者は14名、こけしは鶴松・亀寿・久雄・四竃健康など40本程が持ち寄られた。中でも、鶴松、亀寿はそれぞれ10本以上が集まり壮観であった。口絵写真は稀品の一つである四竃健康の表情である。

160918danwakai_fukei

先ずは、談話会幹事である鈴木康郎氏による工人と作品の解説があり、その後、持ち寄られた作品を鑑賞した。


160918danwakai_turu_syoki

鶴松のこけしでは、流石に大正期のものは無かったが、昭和初期以降のものが相当数集まった。こちらは昭和一桁台と思われるこけし。左2本はヤフオクに出た昭和初期の完品。眉と目の間隔がそれ以降のものと比べると狭いのが特徴か。

160918danwakai_turu_syoki_yoko

皆で色々と検討してみたが、鶴松の年代変化(特徴)はあまり顕著ではないようだ。ただ、花模様の花弁が初期のものは水平で数も少なく、年代が下がるほど花弁の先も下がって数も増えてくるようだ。それから見ると、真ん中の作はやや後の作かも知れない。

160918danwakai_turu_koki

鶴松、昭和二桁台のこけし。

160918danwakai_kame_syoki

こちらは、亀寿の初期と思われるこけし。頭がかなり角ばっており、鼻が曲がっている。

160918danwakai_kame_cyuki

昭和10年台の中頃以降になると、頭は丸くなり整った表情になってくる。いずれも戦前作。

160918danwakai_kame_syosun

亀寿の小寸物。左の髷付きは珍しい。

160918danwakai_ejiko

亀年のえじこ。

160918danwakai_hisao

本田久雄のこけし。久雄は鶴松の四男で、昭和13年から木地修業、数年後に転職したため、作品数は少ない。

160918danwakai_shikama

昭和20年1月に戦死したため、作品数が非常に少ない四竃健康のこけし。保存も良く素晴らしい。健康は昭和15年頃、鶴松や亀寿の木地に少数描彩したという。

160918danwakai_yusuke_syoki

裕輔の初期作。あどけない表情が何とも言えない…。

« 第119夜:裕介さんの精助写し | トップページ | 第121夜:寿彦の勘治型 »

弥治郎系」カテゴリの記事

古品」カテゴリの記事

友の会」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第120夜:こけし談話会(H28#2):

« 第119夜:裕介さんの精助写し | トップページ | 第121夜:寿彦の勘治型 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ