« 第148夜:木肌こけし(岩蔵) | トップページ | 第150夜:2017年元日(これくしょん31) »

第149夜:中鉢新吾とは…

Cyubati_s22_kao

22日はこけし手帖の校正作業で御茶ノ水まで出掛け、帰りにひやねに寄って「往来」入札の中鉢新吾のこけしを受け取って来た。今回の入札でぜひ欲しいと思ったこけしであり、落札できて嬉しい限りである。中鉢新吾と言っても知らない人が多いかも知れない。鳴子の工人である中鉢新吾は岩蔵の孫であり、橘著「こけしざんまい」の中で紹介されているが、こけしの写真は載っていない。新吾のこけしは鹿間著「こけし鑑賞」の中で初めて紹介され、同じこけしが「こけし辞典」にも載っている。橘氏は昭和22年の鳴子訪問の際、新吾のこけしを数本入手しており、その内の2本は昨年ヤフオクで大量に入札された橘コレクションに出品され、Kokeshi Wikiで紹介されている。従って、鹿間コレクションの1本と橘コレクションの2本が判明していることになる。従って、今回の「往来」の新吾は4本目のこけしということになる。保存状態が良く、彩色(特に紫)が良く残っているのが嬉しい。実は国恵志堂には新吾かというこけしが1本あり、千夜一夜1第392夜で紹介している。そのこけしは、一連の新吾のこけしとはかなり作行が違っており、研究課題として残っていた。このことも、この「往来」新吾が欲しかった理由である。口絵写真は、その新吾こけしの表情である。

Cyubati_s22_2men_2

こちらが、新吾こけしである。大きさは6寸2分。面相筆を使わず普通の筆で面描も行ったのであろう、太い筆致の力強い表情が素晴らしい。
「こけしざんまい」によると、中鉢新吾は昭和12年、中学を卒業すると父久七(塗下師)の縁で大沼竹雄の弟子となって木地修業を始めた。修業時にこけしも作ったかどうは定かではない。しかし、竹雄は15年1月に亡くなり、戦争も始まって新吾も応召した。終戦と同時に帰還した新吾は中山平に移り、岩蔵から絵具を貰ってこけしを作り始めた。
橘氏が鳴子を訪問した(昭和22年6月)のはちょうどその頃で、橘氏は新吾の作り始めのこけしを入手したことになる。その後暫く、新吾はこけしを作って大阪の乙三洞等に出していたというが、間もなく転業してしまったため、作品数は少なく稀品の部類に入るという。

Cyubati_s22_syomei

本項のこけしは、Kokeshi Wikiの2本とよく似ており、また胴底には「昭和22年6月」の記入があるので、橘氏が入手したものの中の1本かも知れない。


Cyubati_s22_hikaku_shikama

さて、「こけし鑑賞」の鹿間蔵品(右:6寸5分)と比べてみよう。鹿間蔵品にも「昭和22.6」の記載があると言うが、ご覧のように鹿間蔵品は本項の新吾(Kokeshi Wikiの2本も同様)とやや先行が異なるようだ。木地形態では頭がやや横広きみとなり、そのためか前髪と眉も横に長くなっている。目は眼点が小さく優しい表情になっている。一番の違い鼻の描法か。本項の新吾は岩蔵張りの二筆の大きな鼻であるが、鹿間蔵品は一筆の小さな猫鼻になっている。同じ6月作でも違いは大きい。この辺りが初期作の特徴か。鹿間蔵品はやや手馴れておとなしい作品となっており、本項の新吾よりやや後の作か…。

Cyubati_s22_hikaku

次に、千夜一夜1第392夜のこけし(左)と比べてみよう。一見した感じでは、とても同じ作者のこけしとは思われない。先ずは形態の違い。そして、胴模様と面描の違いが大きい。木地形態は岩蔵や健三郎に近い。
描彩面では、個々に見ると共通する部分も多い。先ず胴模様。花は3つで、一番上に横菊を、その下に垂れ菊を2つ重ねている。真ん中の菊の色が異なるが、一番下の赤い菊は、両者ともその上に紫(青)で傘上の点線を描いている。このような描法は他の工人には見られない。

Cyubati_s22_hana_hikaku

次に、一番上の横菊を見てみよう。左手はややこじんまりしているが、いずれも真ん中の2枚の花弁が大きく交差している。これほど大きく交差するのも他の工人には見られない。

Cyubati_s22_kao_hikaku

さて、面描はどうであろうか。筆のタッチが全然違うのは、面相筆と普通の筆の違いが大きいのであろう。鼻の描法は違うが、前述の鹿間蔵品の鼻と同じである。眉・目は筆使いは同様であり、筆を変えれば同じに描けそうだ。ただ、外下がりの鬢の描法は何とも言えない。

Cyubati_s22_atama_hikaku

最後に、頭頂部の描彩を見てみよう。水引は前髪の後から左右3筆ずつ描かれている。また、2筆で交差した後髪には緑で飾りが付けられている。これも他の工人には見られない描法である。

このようなことから、第392夜のこけしも新吾のこけしである可能性は強いと思う。時期は28年頃と推定しているので転業後かも知れないが、愛好家・収集家から製作を頼まれたのであろうか。新吾は自分なりに完成されたこけしは作っておらず、依頼に対しては健三郎のこけしを参考にしたのかも知れない。あるいは健三郎の木地に、描彩のみ新吾が行ったのかも知れない。このような新吾のこけしは健三郎こけしの中にひっそりと潜んでいるかも知れない…。

« 第148夜:木肌こけし(岩蔵) | トップページ | 第150夜:2017年元日(これくしょん31) »

鳴子系」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

これほどの作者なのに、生存を含め今まで誰も掘り下げないのが不思議でなりません。他に本田久男さんなどは生存してるのでしょうか?鮎川栄吉さんは鳴子にいらっしゃいますが…。

しょ〜じ 様
あまり注目されずに消息も定かでなくなった工人も結構居るのでしょうね。
第二次こけしブームの昭和40~50年代には工人も多く、色々話も聞けたのですが、
今となっては生の情報を得るのは難しくなってしまいましたね。
残されたこけしから想像するしか無くなってしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第149夜:中鉢新吾とは…:

« 第148夜:木肌こけし(岩蔵) | トップページ | 第150夜:2017年元日(これくしょん31) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ