« 第143夜:今朝吉の眼力 | トップページ | 第145夜:友の会12月例会(H28) »

第144夜:伊藤保夫のこけし

Yasuo_s40_kao

伊藤保夫と言っても知らない人が多いだろう。筆者は「高勘」のこけしが好きなので、その縁で知ってはいたが、そのこけしを目で見るのは初めてであった。そういう意味では珍しいこけしなのである。先日、ヤフオクに滝島茂と2本セットで出品されたもので、他に誰にも注目されず、出品価の500円で落札出来てしまった。それだけ評価されていないということでもあり、「高勘」マニアとしては寂しい気もするが、安価自体はありがたいことではあった。今夜はそのこけしを紹介しよう。口絵写真はその表情である。

伊藤保夫については「こけし辞典」に写真付きで紹介されている。それを引用する。
『鳴子出身の木地屋。昭和35年ころ鳴子高橋盛雄の弟子となり、木地を習得。高勘の職人としてしばらく勤めたが、間もなく他出し、現在は神奈川県小田原市にいる。こけしも発表し、少数収集家の手に渡ったが、他出後は全く作っていない。詳細の経歴は不明である。』
なお、「辞典」に掲載の写真は昭和38年の作。

Yasuo_s40_2men

こちらが、本項のこけしの全体像。大きさは7寸。典型的な「高勘」のこけしである。高井氏の「東北のこけし」に、これと殆ど同じものが載っており、そこでは昭和40年頃となっている。肩が丸く、肩の山が低い、戦後の盛が完成させ、盛雄に引き継がれた木地形態に、こちらも「高勘」伝来の正面菊を2つ大きく描いている。眉・目は細く、眼点も小さいために遠くから見ると、一筆目のようにも見える。「高勘」のこけしとして完成している。

Yasuo_s40_hikaku

師匠の盛雄のこけし(右:6寸)と並べて見た。これより、盛雄の作風を忠実に受け継いでいるのが分かる。

Yasuo_s40_syomei_hikaku

こちらは署名。丸い鉋溝の中にハンコのように書く様式化された署名を真似ている。

« 第143夜:今朝吉の眼力 | トップページ | 第145夜:友の会12月例会(H28) »

鳴子系」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第144夜:伊藤保夫のこけし:

« 第143夜:今朝吉の眼力 | トップページ | 第145夜:友の会12月例会(H28) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ