« 第173夜:最近入手の古品(斎藤伊之助)&花見 | トップページ | 第175夜:最近入手の古品(大沼竹雄)&花見2 »

第174夜:最近入手の古品(高橋直次)

Naoji_s15_kao

古品シリーズ第3回目の今夜は鳴子の高橋直次のこけしである。老舗「高亀」の高橋武蔵の3男である直次は昭和19年5月30日に24歳で没しているため、その残るこけしは多くはなく特に状態の良いものにはなかなか巡り合わない。国恵志堂も小寸のたちこが1本あるだけであったが、今回出会った直次は非常に保存の良いものであり入手した。口絵写真は、その表情である。

Naoji_s15_2men

こちらが、直次こけしの全体像である。大きさは1尺。底には寺方氏のラベルが貼ってあり、昭和15年6月入手のものと分かる。保存状態はとても良く、赤と緑の色彩が鮮やかに残っている。胴に黄色は塗られておらず、胴模様は朝日菊を三段に重ねたような珍しい模様である。

Naoji_s15_hikaku

Naoji_s15_soko_hikaku

ほぼ同時期の武蔵こけし(左:紀元2600年のこけし、第26夜)と並べてみた。木地形態はほぼ同じであるが、胴底の仕上げは直次は鉋の丸溝であるが武蔵は鋸の切り離しである。描彩面では胴模様は異なるが、やはり面描の違いが大きい。

Naoji_s15_kao_hikaku

こちらが面描の比較である。左のこけしは正吾さんの鑑定で一応、武蔵となっているが、部分的には武男や直次の手も加わっている可能性があるとのこと。先ずは、前髪の描法が明らかに異なる。横長の武蔵に対し、直次は縦に長く、しかも後部はやや盛り上がっている。直次の鬢は小さく、赤2点の鬢飾りが付いている。筆が伸び大らかで明るい表情の武蔵に対し、直次は眉・目とも小振りでおとなしい表情である。鼻の描き方にも違いが見られる。一本ずつ見ると同じような高亀のこけしも、このように並べて見ると結構違いがあることが良く分かり、より一層楽しめる。

« 第173夜:最近入手の古品(斎藤伊之助)&花見 | トップページ | 第175夜:最近入手の古品(大沼竹雄)&花見2 »

全て」カテゴリの記事

古品」カテゴリの記事

鳴子系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188678/65112099

この記事へのトラックバック一覧です: 第174夜:最近入手の古品(高橋直次):

« 第173夜:最近入手の古品(斎藤伊之助)&花見 | トップページ | 第175夜:最近入手の古品(大沼竹雄)&花見2 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ