« 第187夜:国敏さんの極初期作 | トップページ | 第189夜:高田稔雄さんの幸太型 »

第188夜:友の会5月例会(H29)

1705reikai_sumie

昨28日は東京こけし友の会の5月例会があった。おみやげこけしは遠刈田の佐藤すみえさんで形・模様違いなどで10種類あった。新品こけしは6工人のこけしとえじこ。例会ギャラリーは目黒幹事の担当で、直助4代の木目こけしと題して、直助・秀一・英太郎・直英の木目こけしを展示して解説があった。入札、抽選を経て、第二部は橋元会長の全日本こけしコンクールの審査状況の説明、会員の津軽訪問報告など興味深いお話があった。最後に恒例のジャンケン大会で大こけしを贈呈して終了となった。口絵写真は筆者が受け取ったおみやげこけし。

1705reikai_omiyage

こちらが、佐藤すみえさんのおみやげこけし10種。三角胴6種(左)と直胴4種(右)で、直胴の方がやや小さめに作られている。

1705reikai_new

こちらが、新品頒布こけし。後列左から、本間直子さんの伊太郎型、高田稔雄さんの幸太型(白石コンクール内閣総理大臣賞受賞型)、柴田良二さんの石蔵型(徳利形)、北山盛治さんの多兵衛型。前列左から、小林繁雄さんの松三郎型えじこ、白鳥保子さんの帽子こけし2種。

1705reikai_garally

例会ギャラリーで展示されたこけし。後列、左から佐藤直助、佐藤秀一、佐藤英太郎19歳(2本)、佐藤直英さんの木目模様こけし。前列は各工人のこげす型。

1705reikai_nyusatu

こちらは、入札こけし。後列、左から井上四郎の茂吉型、大葉亀之進の戦前作、奥山広三の戦前作、佐藤春二、二代目虎吉の初代虎吉型。前列、左から高橋定助(91才、91才、88才)、橋本力造、盛秀太郎、岩本芳蔵、佐藤英太郎(21才)、岩本芳蔵、高橋忠蔵(72才)、高橋佳隆の忠蔵古型。

1705reikai_cyusen

こちらは、抽選こけし。後列、左から佐藤文吉の地蔵型、小椋久太郎の留三型、蔦作蔵、瀬谷重治の西郷さん、佐藤文吉。中列、左から佐藤洋子のこげす、小松五平、高橋盛、高橋通、高橋順子。前列、左から阿部進矢、佐藤英太郎のこげす3本、高橋盛の勘四郎型、今晃。

1705reikai_jyanken

ジャンケン大会の勝者に贈呈された大こけし。

« 第187夜:国敏さんの極初期作 | トップページ | 第189夜:高田稔雄さんの幸太型 »

遠刈田系」カテゴリの記事

友の会」カテゴリの記事

こけしイベント」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。抽選こけし、瀬谷重治さんの西郷さんを私も持っているのですが、その名前に何か言われはあるのですか? 顔が似ているからでしょうか・・・瀬谷さんのオリジナル? 何かご存じでしたら教えて下さい。お手数おかけしますが、よろしくお願いします。

まめちゃん様
私も詳しくは知らないので、聞いておきます。
分かったら、掲載します。

入札品の大亀、実は・・・豊七郎♪

しょ〜じ様
大葉亀之進のこけしには、佐藤豊七郎の作が含まれていると言われていますが、
このこけしがそれに当たるということですね。
ありがとうございます。

まめちゃん様
瀬谷重治さんが自分のイメージから作ったものと思われますが、
四角い顔、太い眉、ギョロ目、大きな鼻が西郷隆盛を連想させることから、
西郷さんと呼ばれるようになったようです。

ありがとうございます!
こちらで、初めて西郷さんと呼ばれていることを知りました。やはりその風貌から呼ばれるようになったのですね。なんだか愛着も増す気がします。
とても参考になりました! 本当にありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第188夜:友の会5月例会(H29):

« 第187夜:国敏さんの極初期作 | トップページ | 第189夜:高田稔雄さんの幸太型 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ