« 第218夜:こけしの不思議な縁(今晃) | トップページ | 第220夜:打ち出の小槌(2) »

第219夜:今さんの闇夜こけし(2)…追記あり

Kon_yamiyo_honda_kao

第217夜で今さんの闇夜こけしを紹介したが、その闇夜を入手されたS先生が出品されたMさんに問い合わせたところ、Mさんのお父さんの収集品の中から本田功さんの闇夜こけしを発見して送って下さったとのこと。その闇夜こけしをお借りしたので、先の今さんの闇夜と並べて紹介しようと思う。口絵写真は、本田功さんの闇夜こけしの表情である。

昭和56年10月、鳴子から帰った今さんは11月から弘前市の今属団地に居住し、「こけしの館」にて長谷川健三さん、本田功さんと一緒に木地玩具などを作っており、その時に闇夜こけしも作ったということは、第217夜に書いた。

Kon_yamiyo_honda_mae

Kon_yamiyo_honda_yoko

さて、こちらが今さんの闇夜(左)と本田功さんの闇夜(右:3寸)である。ご覧のように、角張った作り付けの頭、裾が窄まった胴、裾部の形など、木地形態は非常によく似ていることがわかる。描彩は今さんは津軽型、本田さんは鳴子型である。同じ時期に収集されたと思われるMさんのお父さんのコレクションの中から、この本田さんの闇夜が出て来たことは重要なことで、これにより今さんと本田さんが一緒に闇夜こけし等の木地玩具を作っていたことの証になると思われる。

Kon_yamiyo_honda_syomei

胴底の署名である。今さんの署名で名前の後に「作」の字が入るものは殆ど目にしない。右の本田さんの署名にも「作」が入っていることから、本田功さんの影響かも知れない。

追記)10/21,22に開催された伝統工人フェスティバルに本田功さんが参加されており、Fさんを介して下記のようなお話を伺うことが出来たので記しておきたい。
『闇夜のお話伺いました。やはり、ねぷた村でご一緒していた際に作った闇夜だそうです。「作」と署名してるのも、本田工人が本人が作ったと分かる様に作と書いた方がよいとアドバイスしたとの事でした。
本田工人は十和田のおじいちゃんとおっしゃっていましたが、高瀬工人ですかね?
その方と一緒に岩手の煤孫工人に闇夜を教えてもらいにいき、覚えたそうです。
形はキナキナは真似できないので、鳴子系の「地蔵型」で作ったとのことでした。
今工人は鳴子修行から青森へ帰ってきた際にこけしが売れなかったので玩具を作ってみたら?とお勧めした内の一つに闇夜があるといったニュアンスでもお話していました。』

« 第218夜:こけしの不思議な縁(今晃) | トップページ | 第220夜:打ち出の小槌(2) »

津軽系」カテゴリの記事

ダルマ・木地玩具」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第219夜:今さんの闇夜こけし(2)…追記あり:

« 第218夜:こけしの不思議な縁(今晃) | トップページ | 第220夜:打ち出の小槌(2) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ