« 第233夜:鳴子こけしまつり横浜展(H29) | トップページ | 第235夜:匠の技(佐藤春二) »

第234夜:友の会11月例会(H29)

1711reikai_katunori_2

昨26日(日)は東京こけし友の会の11月例会があった。11月は東京近辺でもこけし関係の催し物が多く、当日も横浜人形の家では鳴子こけしまつりが開かれていた。そのため例会への参加者数が危惧されたが、開会間際になって増えてきて、最終的には68名の参加となった。おみやげこけしは鳴子系の吉田勝範さん、例会ギャラリーは友の会蔵の岡崎栄治郎こけしを展示し、橋本会長が岡崎幾雄さんによる栄治郎型の変遷を解説された。新品頒布こけしは6工人の力作、中古品(入札・抽選を含む)には状態の良い昭和30年代の良品が揃っていた。第2部は「Time slip:五十年前の産地と工人たち」というタイトルで橋本正明氏が講演をされた。昭和40年代の産地と工人をスライドで紹介し、興味深い楽しい話を聞かせて頂いた。その後、恒例のジャンケン大会で大物こけしを贈呈して散会となった。口絵写真は筆者が頂いたおみやげこけし。

1711reikai_omiyage

こちらが、吉田勝範さんのおみやげこけし4種。

1711reikai_garally1

1711reikai_garally2

例会ギャラリーで展示された、友の会蔵栄治郎こけしと岡崎幾雄さんを中心にした栄治郎型こけし各種。

1711reikai_new

新品頒布こけし。左から、南部系の田山和泉さん、弥治郎系の吉野稔弘さんの独楽入りえじこ、作並系の鈴木敬さんの胞吉型2種とえじこ、作並系の平賀輝幸さん、土湯系の陳野原幸紀さん、遠刈田系の日下秀行さんの茂吉型。

1711reikai_cyuko

中古品頒布こけしの群像。

1711reikai_nyusatu

入札こけし。後列左から、高橋定助、阿部千代世、二代目虎吉、佐藤文吉、海谷周松、佐藤春二、坂下権太郎。前列左から佐藤春二の子持ち、盛秀太郎、佐藤寛次、佐藤春二のえじこ、岩本芳蔵、大野栄治、二代目虎吉、伊東東雄、二代目虎吉、阿部常吉の子守り、大葉亀之進。他に小林栄蔵があった。

1711reikai_cyusen

抽選こけし。後列左から、佐藤文男の煙草入れ、高橋武蔵、佐藤文吉、陳野原和紀、斎藤弘道、荒川洋一、蔦文男、大沼健三郎(88歳)。中列左から、大沼利春のえじこ、荒川洋一の達磨(習作)、小松五平、達磨(工人名失念)、岡崎昭一の達磨、斎藤良輔の提灯独楽。前列左から、佐久間芳雄の提灯独楽、松田初見のバケツ、広井正昭の独楽。

1711reikai_masaaki

1711reikai_masaaki2

橋本正明氏による講演「タイムスリップ 50年前の産地と工人」。下のスライドは孫利亮さんを直接教える小椋久太郎さん。

1711reikai_jyanken_kokeshi

ジャンケンこけしの数々・・・。

« 第233夜:鳴子こけしまつり横浜展(H29) | トップページ | 第235夜:匠の技(佐藤春二) »

鳴子系」カテゴリの記事

友の会」カテゴリの記事

こけしイベント」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第234夜:友の会11月例会(H29):

« 第233夜:鳴子こけしまつり横浜展(H29) | トップページ | 第235夜:匠の技(佐藤春二) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ