« 第235夜:匠の技(佐藤春二) | トップページ | 第237夜:友の会12月例会(H29) »

第236夜:戦前の広三(2)

Kozo_s15_yokokao

山形系の奥山広三のこけしは好きなこけしの一つなので、製作時期が違うものがあると出来るだけ入手してきた。先ずは戦後作から集め始め、ようやく戦前作に辿り着いて、千夜一夜(1)の第820夜で紹介した。先日、更に古そうな広三をヤフオクで見つけ入手することができた。今夜はその広三こけしを紹介しよう。口写真は広三こけしの横顔である。

Kozo_s15_hikaku

先ずは戦前の広三こけし2本を比較のため並べてみた。左が第820夜で紹介した昭和18年作、右が本項のこけしである。大きさは、左の広三よりやや大きく、尺2分である。胴底には名前と35才と年齢の記載がある。明治38年生まれの広三は数え歳だと昭和15年ということになる。戦前の広三は昭和14年に復活して70本程作り、あとは17,8年頃に作ったと言われているが、その間の15年頃にも作ったのだろうか。頭は角ばった縦長で胴は細くノッポのこけしという印象である。胴上下の赤ロクロ線は3本で左の広三より1本ずつ多く、その分、胴の白木地部は少ない。胴に散らした小花は花の花弁が上下の2筆で描かれているように見え、左の3筆描きとは異なる。また、緑の葉も花弁と同様2筆描きで茎もはっきりしており、左よりも写実的な描彩である。胴下部の左右に描かれる柵模様も、本項作は大きな井桁であり、左作よりも縦線が1本少ない。

Kozo_s15_kao_hikaku

次の表情を見てみよう。左作は、眉目の湾曲は少なく、細い筆で筆致は鋭い。一方の本作では眉目の湾曲は大きく、筆も太くゆったりとしていて、眼点も大きくおっとりとした表情になっている。2,3年の間に表情が大きく変化したのが分かるが、その間に何かあったのだろうか…。

Kozo_s15_atama_hikaku

最後に頭頂部の描彩を見てみよう。左作では前髪と頭頂部のつん毛のみで、あとは何も描かれていない。一方の本作では、前髪の後から、前方に2対、後方に3対の赤い飾りが描かれており、如何にも山形系らしい華麗な様式となっている。右の様式が本来のものと思われ、左作ではどうして描かれなかったのか不思議である。

« 第235夜:匠の技(佐藤春二) | トップページ | 第237夜:友の会12月例会(H29) »

山形系」カテゴリの記事

古品」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第236夜:戦前の広三(2):

« 第235夜:匠の技(佐藤春二) | トップページ | 第237夜:友の会12月例会(H29) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ