« 第241夜:新山家の戦前のペッケ(久志と茂) | トップページ | 第243夜:2018年元旦(守正さん追悼) »

第242夜:新山享のこけし

Torun_kao

ここ2回は弥治郎系新山家のこけしを取り上げて来た。新山家は弥治郎系を代表する重要な家系であるが、最近では福太郎を継承する吉紀・真由美工人が活躍する一方で、久治直系の久志の後継者たちは陰の薄い存在となってしまった。かく言う国恵も久治・久志のこけしはある程度所蔵しているものの、その息子である久城・慶志・享のこけしとなると友の会のおみやげこけし程度しか記憶にない。そんな中で目に付いたこけしがあったので紹介したい。新山享のこけしである。口絵写真は、その表情である。

Torun_2men

こちらが享こけしの全体像である。大きさは8寸。ヤフオクに出品されたもので、千円の最低価で他に応札者はなく国恵志堂にやってきた。伊勢こけし会頒布品のラベルが貼ってあり、「59-11」の書き込みから昭和59年の作であろう。部分的に木地のシミが出ているが、保存状態は概ね良好である。享は昭和28年生れで久志の5男。高校卒業後運転手をしていたが26歳の時に帰郷して家を継いだ。従って、このこけしは木地業に就いてから4年程経った頃の作である。木地形態は昭和40年代以降に久志が作っていたもので、胴の括れは少なくスラっとした現代的なものである。裾の3本の赤線もほぼ平行に描かれている。このこけしの一番の見どころは表情であろう。眉・目の描線は力強く勢いがあり、集中度の強い表情をしている。他の享作をあまり見た事がないため何とも言えないが、伊勢こけし会の頒布品ということで、時に力を入れて作ったのかも知れない。定寸享の代表作と言っても良いであろう。中古品の中から、このような良品を探し出すのも、こけし収集の醍醐味と言えるだろう。

今日は、12月30日。あと2日で平成30年を迎える。

この1年間、本千夜一夜物語(2)をご覧頂き、ありがとうございました。
良いお年をお迎えください…。

« 第241夜:新山家の戦前のペッケ(久志と茂) | トップページ | 第243夜:2018年元旦(守正さん追悼) »

弥治郎系」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

今年も一年間、面白くて為になるお話をありがとうございました、どうか良いお年を・・。

益子 高さま
ありがとうございます。
来年もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第242夜:新山享のこけし:

« 第241夜:新山家の戦前のペッケ(久志と茂) | トップページ | 第243夜:2018年元旦(守正さん追悼) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ