« 第255夜:友の会2月例会(H30)祝!カーリング女子<銅> | トップページ | 第257夜:昭二か松三郎か… »

第256夜:二代目虎吉の太子型

Tora2_s43jizo_kao

25日の友の会入札には、保存の良い戦前巳之助の本人型や昭和36年の佐藤重之助など、魅力的なこけしが並んでいた。そんな中で筆者が注目したのは、二代目虎吉のこけし2本であった。共に昭和43年の作で1本は直胴型、もう1本は太子型(地蔵型)である。43年と言えば「たつみ」の要請で二代目虎吉が初代虎吉の秀作を復元し、直胴型と太子型の2本組で頒布しており、その時期のものと思われる。その時期の太子型は持っていなかったので、そちらを主にあわよくばと2本をペアでと両方に応札したが、太子型のみの入手となった。今夜はそのこけしを紹介しよう。口絵写真は、その表情である。

Tora2_s43jizo_2men

こちらが、そのこけしである。大きさは4寸7分。胴底に「43.11.15」と入手日と思われる日付が記入されている。卵形の頭に大きく膨らんだ胸、裾部は細く絞られて、畳付きは大きな台状になっている。胴模様は赤と緑の返しロクロ線、台部にも赤と緑のロクロ線が引かれている。頭部は小さな蛇の目に赤いカセ、下瞼の長い潰し目が爽やかである。湊屋の伝統に則った秀作である。

Tora2_s43jizo_hikaku

第38夜で紹介した43年の直胴型(左、6寸)と並べてみた。同じ赤と緑の返しロクロ模様を胴に纏い、同じ雰囲気の表情でペアとしても良くマッチしている。なお、友の会に出ていた直胴型は胴下部のロクロ線に黒が使われており、同時期の直胴型でも幾つかの種類があるのであろう。

« 第255夜:友の会2月例会(H30)祝!カーリング女子<銅> | トップページ | 第257夜:昭二か松三郎か… »

土湯系」カテゴリの記事

写し」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第256夜:二代目虎吉の太子型:

« 第255夜:友の会2月例会(H30)祝!カーリング女子<銅> | トップページ | 第257夜:昭二か松三郎か… »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ