« 第273夜:久志のこけし(ピーク期か) | トップページ | 第275夜:第7回下谷こけしまつり »

第274夜:こけし談話会in鳴子

1806dannwa_matome

平成30年度第1回のこけし談話会が6月2日(土)の午後、鳴子温泉で開催された。年4回開催されるこけし談話会は東京開催では工人の参加が難しく、昨年から1回は地方(現地)で開催するようになり、今年は現地開催の2回目である。会場は鳴子ホテルの会議室、工人9人を含めて25名が参加し、鳴子系の多くの古品も集まり、大変有意義な談話会となった。夜間には懇親会も開催されて、楽しい集まりとなった。口絵写真は、集まったこけしの群像の一部。

1806dannwa_jyunbi

開会を目前にした会場の様子。壁際のテーブルには、鳴子系の古品を中心としたこけしが系列毎に並んでいる。眺めているのは、桜井昭寛さんと息子の尚道さん。

1806dannwa_kaishi

いよいよ談話会が始まり、順番に自己紹介をしているところ。

1806dannwa_kaisetu

談話会幹事の鈴木さんが並べられたこけしを解説しているところ。

1806dannwa_hidenori

祖父の誓こけしを前にして写真を撮っている大沼秀則さん。

1806dannwa_sankasya

参加者全員が揃っての記念撮影。工人は前列左から2人目から、菅原和平さん、高橋武俊さん、岡崎斉一さん、上野義則さん、大沼秀顕さん、大沼秀則さん、桜井昭寛さん、桜井尚道さん。後列右から4人目が松田大弘さん。

1806dannwa_kohin_all_2

集まったこけし達…。

1806dannwa_kohin_migi

同上の向かって右側部…。

1806dannwa_kohin_hidari

同上の向かって左側部…。

1806dannwa_konshin

夜の懇親会の様子…。

1806dannwa_syogo_homon

翌日(3日)、有志一同で高橋正吾さんを訪問し、お話を伺う…。

1806dannwa_syogo_hitoshi

正吾さんと岡崎斎の大正期と思われるこけし(Kokeshi wiki掲載品と同一か)

« 第273夜:久志のこけし(ピーク期か) | トップページ | 第275夜:第7回下谷こけしまつり »

鳴子系」カテゴリの記事

古品」カテゴリの記事

友の会」カテゴリの記事

こけしイベント」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

小野さん旧蔵の《辞典掲載》みたいです。 後に正明さんより、、

…様
そうでしたか!
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第274夜:こけし談話会in鳴子:

« 第273夜:久志のこけし(ピーク期か) | トップページ | 第275夜:第7回下谷こけしまつり »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ