« 第275夜:第7回下谷こけしまつり | トップページ | 第277夜:秀顯さんの岩太郎型 »

第276夜:佐藤正一(最晩年2)大阪地震

Syo1_s44_kao

今朝大阪を襲った地震は震度6弱で、大阪では過去最大の大きさだったとのこと。3名の方が亡くなり、通勤・通学時間帯だったこともあり、交通機関の大混乱を含め、大きな被害が出てしまった。被害を受けられた方々にお見舞いを申し上げる。大地震といえば、2011年3月11日に発生した東日本大震災を思い出す。あの時は棚から落下したこけしが室内に散乱し、赤の染料が顔に付いた血染めのこけしが目に浮かぶ(第518夜)。さて、今夜は土湯の佐藤正一のこけし。第341夜で「最晩年のこけし」として昭和40年の作を紹介したが、その後の作品が出てきたので紹介したい。口絵写真はその表情である。

第341夜で紹介したこけしは「昭和40年4月」作で自挽きのこけしとしては最晩年のものであろう。正一はその後、同年5月2日に病(中風)に倒れ、以降はこけしを挽くことができなくなった。それでも、それ以降、斎藤弘道の木地に描彩を行ったとされている。

Syo1_s44_2men

さて、こちらは胴底に「昭和44年9月 64才」との署名があるこけしで大きさは8寸。木地と胴模様は弘道であろう。面描だけとしても筆致はしっかりしており、往年の作に引けを取らない。中風だと手が震えるのではと思われるのだが、この描彩からはそんな様子は微塵も感じられない。

Syo1_s44_hikaku

病に倒れる前のこけしと比べて見た。左は昭和39年(59才)、中央は40年(60才)。本項のこけしは弘道木地で頭頂部が丸くなって顔がややほっそりしているが、表情は眉も太くなって、若々しい感じでもある。二代目太治郎として、名人太治郎と弘道を結び付け、太治郎型を最後まで破綻なく作り続けた功績は大きいと思う。

« 第275夜:第7回下谷こけしまつり | トップページ | 第277夜:秀顯さんの岩太郎型 »

土湯系」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第276夜:佐藤正一(最晩年2)大阪地震:

« 第275夜:第7回下谷こけしまつり | トップページ | 第277夜:秀顯さんの岩太郎型 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ