« 第287夜:郷玩時代のこけし(斎藤太治郎) | トップページ | 第289夜:正吾さんの慶一郎写し(友人追悼) »

第288夜:二本の英裕こけし

Eihiro_18_28_kao

今月の友の会例会では2本のこけしを入手した。2本しか入手出来なかったという方が適切かも知れないが…。その2本はいずれも佐藤英裕さんのこけしで、入札でゲットした18歳の5寸と抽選で入手した28歳の6寸5分である。こけしは縁で集まってくるという傾向があり、今回の2本もその類か。10代の英裕こけしは人気があり以前はかなり高価になっていたが、今回の入札者は筆者のみで、価格も安めであった。口絵写真は、その18歳英裕こけしの表情である。

Eihiro_18_28_2men

こちらが入手した2本のこけしである。左が28歳作、右が18歳作である。18歳作は、初期こけしの特徴である稚拙さ、素朴さ、幼さなどが表れており、それが見所の多くを占めている。祖父丑蔵のこけしでは、面描も種々あり、口も結び口や笑い口がある。本作は結び口であるが鼻から離れていて大きめの唇のように見え、口を閉じて頬を膨らませたふくれっ面のようである。ブスカワ(ブス可愛い)と言ったら怒られるだろうか(笑)。一方の28歳作では表情が整い、太い筆致で描かれた大きな眉・目と小さな鼻・口が絶妙な配置で可愛らしさに溢れた表情になっており、乙女の成長が感じられる。

Eihiro_18_28_hikaku

手元にある別の18歳作(左)と並べてみた。ほぼ同手のこけしであるが、左は頭の長さが短く、口は笑い口で鼻に近く描かれているためブス度は低く、各段に愛らしいこけしになっている。しかし、不思議なものでブスカワの方に愛着が湧いてしまうのは何故だろう(笑)!

« 第287夜:郷玩時代のこけし(斎藤太治郎) | トップページ | 第289夜:正吾さんの慶一郎写し(友人追悼) »

遠刈田系」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第288夜:二本の英裕こけし:

« 第287夜:郷玩時代のこけし(斎藤太治郎) | トップページ | 第289夜:正吾さんの慶一郎写し(友人追悼) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ