« 第308夜:小顔のこけし(昇) | トップページ | 第310夜:正吾さんの武蔵下目の写し »

第309夜:友の会10月例会(H30)

1810reikai_omiyage

昨28日(日)には東京こけし友の会の10月例会があった。ここのところ毎週、こけし関係のイベントがあり、今週も若者に人気の高円寺フェス2018が開催されていることもあってか、若者の出席が少なく47名と少し寂しい数の参加者であった。お土産こけしは鳴子系の岡崎靖男さん。例会ギャラリーは橋本前会長の南部こけしにお話であった。新品こけし(6名)、中古こけし(含、入札・抽選)の頒布を経て、第二部は遠刈田のろくろまつりと農水省木製クラフト催事のスライド報告があった。最後は恒例のジャンケン大会にて大寸こけしとこけし絵を配布して終了となった。口絵写真は、筆者が頂いたおみやげこけし。4種類から選べたので、普段見かけない作品を選んだ。

1810reikai_yasuo

岡崎靖男さんのお土産こけし4種。

1810reikai_new

新品頒布こけし。左から吉野誠二さん2種、佐藤英之さん、高橋通さん2種、西山敏彦さん2種(坊主とやみよ)、佐藤勝洋さん2種(護型、直治型)、野地三起子さんの味噌玉。

1810reikai_nyusatu

入札こけし。後列左から奥瀬鉄則3本、毛利昭一、二代目虎吉(由吉型)。前列左から、佐久間俊雄、今晃2本(S57頃)、奥瀬鉄則2本。

1810reikai_cyusen

抽選こけし。後列左から、間宮正男、井上ゆき子、井上四郎(子持ち)、岡崎昭一2本セット。中列左から、今晃2本、本間義勝、井上ゆき子(茂吉型)、長谷川辰雄、大泉清見5本セット。前列左から、長谷川健三、今晃、島津誠一、今晃3本。

1810reikai_garally

こちらは、例会ギャラリーで展示された南部系のこけし。

1810reikai_syutin

中央の豆こけしは、石井峰吉の袖珍こけし(左:昭和18年)と田山和文による復元作(右)。

« 第308夜:小顔のこけし(昇) | トップページ | 第310夜:正吾さんの武蔵下目の写し »

鳴子系」カテゴリの記事

友の会」カテゴリの記事

こけしイベント」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

例会ギャラリーの南部系こけし群の中で真ん中の手前にある豆こけしは石井峰吉の袖珍こけしとその写しですか?

益子 高様
その通りです。
大きな写真を追加しました。

国恵様

アップの写真ありがとうございます。以前、どっかの文献で見たことがありますが、珍しいものですか?。

益子 高様
峰吉の袖珍こけしは戦前の東京こけし会で頒布したものなので、ある程度の本数はあると思います。
なお、こけし手帖の12月号に解説が載る予定なので、そちらもご覧ください。

お返事ありがとうございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第309夜:友の会10月例会(H30):

« 第308夜:小顔のこけし(昇) | トップページ | 第310夜:正吾さんの武蔵下目の写し »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ