« 第383夜:友の会旅行(R元)第1日目 | トップページ | 第385夜:戦前武男こけしの再検証 »

第384夜:友の会旅行(R元)2日目

1910ryokokai_wakabaya 友の会旅行の2日目、予報の雨は朝には上がり、日差しも差し込む中、朝食前に酒田の朝市と山居倉庫の散策から始まった。朝食後、本日の最初の訪問地は市内の「土門拳記念館」、ここでは「古寺巡礼」の名作セレクションが展示されていた。次いで肘折温泉に向かう途中、白糸の滝ドライブインで休憩、対岸に架かる白糸の滝を眺める。やがてバスは大蔵村に入り肘折温泉に到着。昼食はそば処「寿屋」で手打ち蕎麦と名物の「ざぶとん(焼き油揚げ)」に舌鼓…。食後は温泉街を散策しながら鈴木征一工人宅へ。こけしと語らいを楽しんだ後、最後の目的地、新庄市の小林繁男工人宅へ。沢山のこけしや玩具の他、美味しい芋煮までご馳走になり、名残惜しい中、解散場所の新庄駅に向かった。口絵写真は若葉旅館の入り口に置かれている水鉢。

1910ryokokai_sankyo_asa

1910ryokokai_sankyo_keyaki

朝の山居倉庫。未だ人気のない、日が差し込み始めた欅並木が美しい。

1910ryokokai_domon

土門拳記念館。「古寺巡礼」の写真展が行われていた。館前の広場からは鳥海山が見えるとのことであったが、地上近くは雲に覆われ、山頂近くが微かに顔を出す程度であった。

1910ryokokai_shiraito_fall

白糸の滝。名前から想像するよりも遥かにしっかりとして堂々たる滝であった。

1910ryokokai_sobaya

1910ryokokai_hijiori_zabuton

肘折温泉のそば処「寿屋」に到着(写真上)。名物の「ざぶとん」(左)は油揚げを焼いたものでネギと鰹節をかけて食べる。右の「ひじおり豆腐」ともども美味である。

1910ryokokai_hijiori

1910ryokokai_seiichi_kobo

1910ryokokai_seiichi

肘折の温泉街をブラブラと歩いて鈴木征一さん宅へ。高台にあるので温泉街が一望出来て素晴らしい眺めである(写真上)。工房はきちんと整理されていた(写真中)。自宅一階にてこけしを眺めながら征一さんと歓談(写真下)。

1910ryokokai_shigeo_kisya

1910ryokokai_shigeo_zentai

最後の訪問地、小林繁男さん宅へ。沢山のこけしや人気のりんご等の玩具類が迎えてくれた。それらの写真は撮ったものと思っていたが、後で見てみると汽車(写真上)の写真しか写っておらず残念。最後に繁男さんを囲んで自宅前で参加者一同記念撮影。お疲れ様でした!

1910ryokokai_get_kokeshi

今回の旅行で筆者が入手したこけし。征一さん(中央7寸と右手前3寸7分)、繁男さん(左右の5寸と右手前のえじこ)のこけしはこちらで見ていただければと思う。

« 第383夜:友の会旅行(R元)第1日目 | トップページ | 第385夜:戦前武男こけしの再検証 »

肘折系」カテゴリの記事

鳴子系」カテゴリの記事

友の会」カテゴリの記事

こけしイベント」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第383夜:友の会旅行(R元)第1日目 | トップページ | 第385夜:戦前武男こけしの再検証 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ