« 第403夜:源三郎こけしの不思議な縁(えにし) | トップページ | 第405夜:正吾さんの武寛写し(尺とえじこ) »

第404夜:2020年元旦(正吾さん90歳初作)

Syogo_takehiro10_kao 新年、おめでとうございます!

21世紀も20年代に突入である。昨年の大晦日は、当地横浜では気温が20度を超え、温暖化がより実感される中での年の瀬となった。一夜明けての元旦、太平洋側は好天の天気予報であったが、残念ながら今年も雲が地平線を覆い、2年連続で初日の出を拝むことが出来ず、TVで見る事になった。しかし、反対側の富士山は雲の合間に桃色に染まった姿を現してくれた。
口絵写真は、年末に高橋正吾さんから送って頂いた、90歳になってからの初作こけし。新春に相応しいこけしでのスタートになった。

2001gantan_nengajyo

恒例の年賀状。今年は遊佐福寿さんの組達磨で飾った。異なる表情の5体の達磨が秀逸である!

2001gantan_hatuhinode

2001gantan_fujisan

今年の初日の出。東方の空(上)は雲が多くて日の出は拝めなかったが、西方(下)では、富士の姿が何とか望めた。

2001gantan_hatuhinode_tv

TVでの初日の出映像。富士山上空からの中継(特にダイヤモンド富士の構図)が好評のようで、今年は3チャネルで放映していた。

2001gantan_osechi

今年の自作お節。定番の3種(紅白なます、田作り、栗きんとん)の他に、たたきごぼう、酢れんこん、大根とサーモンの重ね巻きを加えた。

 

さて、今年最初に紹介するのは高橋正吾さんのこけし。
昨年12月19日にお尋ねしてお願いした大滝武寛のこけしの写しである。そのこけしが何と29日には届いたのである。12月20日は正吾さんの90歳の誕生日。90歳になって最初に作ってくれたこけしなのである。それにしても、面倒な写しを僅か10日で作ってくれるとは…。正吾さんの技量に感心すると共に感謝である。

Syogo_takehiro10_gunzo Syogo_takehiro10_syomei

こちらが、送ってくれた武寛写しの群像(左)と90歳の署名。こけしの詳細は次回に…。

« 第403夜:源三郎こけしの不思議な縁(えにし) | トップページ | 第405夜:正吾さんの武寛写し(尺とえじこ) »

鳴子系」カテゴリの記事

えじこ・ねまりこ」カテゴリの記事

写し」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます、今年も面白い話を期待していますw。

益子 高様
いつもご覧頂き、ありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第403夜:源三郎こけしの不思議な縁(えにし) | トップページ | 第405夜:正吾さんの武寛写し(尺とえじこ) »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ