« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

第475夜:熊谷仁奈さんの木地挽物

Nina_futa_meruhen 仙台の熊谷仁奈さんから最新作の蓋付入れ物が送られてきた。頸椎ヘルニアを患って、そのリハビリ中の作品とのことであった。そのため本人的には内部の刳り抜きが不十分なのでと恐縮していたが、白木地の胴にはビリ鉋を使ったザラ挽きで模様を付け、品格のある作品に仕上がっている。しかも、大きく刳り抜いた中には赤ダルマが1個入っている。木地挽物が好きな国恵には嬉しい貴重な一品であった。そこで、これまで折々に作ってくれた仁奈さんの木地挽物を紹介したいと思う。口絵写真は、蓋付入れ物を斜め上から見たところである。

続きを読む "第475夜:熊谷仁奈さんの木地挽物" »

第474夜:ビスクドールの微笑(佐藤巳之助)

Mino_s14_futome_kao2 今日の東京の新型コロナ感染者数は95人と久し振りの2桁台となった。慣れとは恐ろしいもので、緊急事態宣言が出されて自粛していたころは10人単位の増減で一喜一憂していたのに、今では2桁と言うだけで実際には100人近いというのに、随分と減った気がしてしまう。トランプ米大統領は未だ日に万単位の新規感染者が出ているのに、もう新型コロナに勝ったようだと吹聴しているようだ。さて、ヤフオクに見慣れないが興味を惹かれるこけしが出た場合、先ずはkokeshi wikiを開いて検索する。そこで全てが分る訳ではないが、入札に参加するかどうかの参考になる。数日前に出品されたこけしは佐藤巳之助(昭和14年)となっていたが、戦前の巳之助として国恵は認識していないものであった。wikiを検索すると殆ど同手のものが載っており、安心して入札に臨むことが出来た。そうして入手した巳之助のこけしを紹介する。口絵写真はその表情である。なお、手元に届いてからwikiの写真と詳細に比べたところ、同一のものと思われる。

続きを読む "第474夜:ビスクドールの微笑(佐藤巳之助)" »

第473夜:もんぺこけし(阿部常吉?)

Abetune_monpe_kao もんぺこけしは純粋な伝統こけしではないかも知れないが、いかにも時代性を表しているようで好きなこけしである。もんぺこけしは今でも作られることはあるだろうが、もんぺと言えば戦前(特に戦中)の女性のはき物という意識が強く、やはり戦前のこけしが対象となる。先月末のヤフオクに戦前のもんぺこけしが出品されたので頑張って入手した。阿部常吉作として出品されていたものであるが、一側目の面描は常吉こけしでは見たことが無く、手元に届いてからも文献等を調べたが常吉こけしで同様の描彩のものは見つからなかった。今夜はそのこけしを紹介しよう。口絵写真は、一側目の表情である。

続きを読む "第473夜:もんぺこけし(阿部常吉?)" »

《追悼》大沼誓こけし

昨11日の午後6時頃、鳴子の大沼秀則さん宅で火災が発生し、母屋と工房を全焼した。秀則さんや他の方には怪我はなかったことは不幸中の幸いだった。国恵は、昨年、大沼誓のこけし(第336夜、wikiにも掲載)を秀則さんに預けて、その復元を依頼中であったが、この誓こけしは残念ながら火災の犠牲になってしまった。誓こけしの中でも最も気に入っていたものでようやく入手できたものだったので、残念な気持ちは溢れるばかりだが、これは仕方のないことと自分に言い聞かせている。秀則さんが一段落してまたこけしが作れるようになったら、写真をもとにぜひこのこけしを作って貰いたいと考えている。それがこの誓こけしへの追悼になるのだと思っている。

Hidenori_kasai

こちらは、昨年の12月20日に誓こけしを持って行って秀則さんと作業場で記念撮影をしたもの。この写真の場所も燃えてしまったのである。

第472夜:美品の吉太郎

Kititaro_s15_kao 小林吉太郎のこけしは好きなこけしの内の1つである。こけしの文献を読んでその魅力に取りつかれ、ヤフオク等の古品市場で入手を試みた。同じ古品でもより古いものほど良作が多く、それらは当然それなりの価格が付き、入手を困難にしていた。数年前にヤフオクに出た正末昭和の美品の中にも吉太郎があったが、小品ものにも拘わらず相当の高値になっていた。吉太郎こけしの中で特に印象に残っているものがある。小林清次郎の復元でも有名になった都築コレクションの吉太郎(尺7分)である。小頭で胴が長く、桐材に赤と黄緑色で描かれた胴模様が印象的なこけしである。先日ヤフオクに出品された吉太郎は、先ずその保存の良さに目を奪われたが、その形態と描彩が都築コレクションの吉太郎を彷彿させるものであった。そのこけしを入手したい気持ちが一気に高まり5人による争奪戦を制して、コレクションに加えることが出来たのはラッキーだった。今夜はその吉太郎を紹介しよう。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第472夜:美品の吉太郎" »

第471夜:こけし界の二刀流(奈良吉弥2)

Nara_gohe_kao 新型コロナの感染者は日本全国で増え続け、東京以外でも1日に100人を超える県も散見されるようになった。そして我が横浜のある神奈川県も今日は119人を数えるに至った。そんな中、半年ぶりに埼玉の病院に出掛けることになった。何故埼玉の病院かと言うと、担当医師の転勤に付いて行ったためである。元々は筆者が勤めていた病院(品川)に居たのだが、その後、東京の御茶ノ水、そして今は埼玉の北浦和になっている。今は薬を貰うのが中心で三か月に一度通院しているのだが、前回は緊急事態宣言中で通院せずに薬を送って貰った。今回も通院しないと、次回は初診扱いとなり特別初診料が別途5千円かかるということで、意を決して出掛けたのである(苦笑)。さて、MLBの大谷翔平にちなんで始めた「二刀流」シリーズであるが、本家の大谷は肘の治療で今期も二刀流は適わず残念なことであった。奈良吉弥の二刀流については第436夜で紹介したのだが、その時には片方(木地山型)だけの紹介であった。先日、ヤフオクで待ちに待ったもう一方の鳴子型(小松五平型)が手に入ったので、今夜はそれを紹介しよう。口絵写真は、鳴子型の表情である。

続きを読む "第471夜:こけし界の二刀流(奈良吉弥2)" »

第470夜:秀顯さんの竹雄古作写し

Hideaki_takeo5sun_utushi_kaoue 8月になり梅雨も明けてコロナ禍の中、猛暑も加わって厳しい自粛生活が続いている。こけしのイベントも無く、産地にも行けず、大沼秀顯さんには名古屋こけし会頒布の参考のための岩太郎と竹雄の古作3本を預けておいた。今回名古屋の頒布が終わったので、岩太郎が戻ってきた。また、預けておいた竹雄こけしの内、小寸物とその写しの試作が送られてきた。今夜はそのこけしを紹介しよう。口絵写真は、その表情である。

続きを読む "第470夜:秀顯さんの竹雄古作写し" »

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ