« 第497夜:健三郎のこけし | トップページ | 第499夜:栄治郎型の仲間入り(木村祐助) »

第498夜:2021年元旦(松一こけし)

Matu1_s35_kao 明けましておめでとうございます!

コロナ禍で激動の一年となった2020年の大晦日は全国で4500人を超える新規感染者となった。最早、欧米の感染者数が対岸の火事とは言えない状況になりつつある。そんな中にあっても、東日本では荘厳な初日の出が見られ、自宅からは朝日に輝く壮麗な富士の姿を拝むことが出来た。一日も早いコロナの終息を願わずにはいられない。口絵写真は、新春に相応しい伊藤松一さんのこけしである。

 

 

2021gantan_nengajyo

恒例の2021年の年賀状。メインの達磨の絵柄には、遠刈田の玩具作りの名手、作田栄利の入れ子達磨を選んだ。

2021gantan_hatuhinode

2021gantan_hatufuji

こちらが、今年の初日の出と富士山。マンションがあるために日の出にはやや時間がかかって、7時3分に最初の光が差して来た。下は初日の出に照らされた元旦の赤富士。

2021gantan_osechi

これも恒例の自作お節3種。田作り、紅白なます、栗きんとん。今年は田作りにクルミを入れてみた。

 

今年の初こけしには鳴子の伊藤松一さんを選んでみた。


Matu1_s35_2men
大きさは8寸。胴底の書き込みから、昭和35年4月に友の会で入手したものと思われる。千夜一夜(1)の第101夜で松一さんの初期のこけしを取り上げているが、その折、松一さんからの回答では、その当時の松一さんは、プロパンガスの製造・販売の仕事が中心でこけしは殆ど作っていなかったとのこと。従って、本作は友の会からの特注で作ったものと思われる。

Matu1_s35_hikaku

101夜のこけし(右)と並べてみた。右は昭和20年代のこけし、初期作の初々しさとともに、丸い頭など松三郎の戦前の作風も引き継いだこけしである。それと比べて本作は、頭が角張り肩の山も大きく胴も太めになっている。描彩も手慣れたものになっており、成長した乙女の麗しさを備えたこけしとなっている。

« 第497夜:健三郎のこけし | トップページ | 第499夜:栄治郎型の仲間入り(木村祐助) »

遠刈田系」カテゴリの記事

鳴子系」カテゴリの記事

古品」カテゴリの記事

ダルマ・木地玩具」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第497夜:健三郎のこけし | トップページ | 第499夜:栄治郎型の仲間入り(木村祐助) »

最近のトラックバック

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ