« 第516夜:豆こけしの玉手箱(2) | トップページ | 第518夜:豆こけしの玉手箱(4) »

第517夜:豆こけしの玉手箱(3)

Mame_syutin3_taiichiro 戦前の袖珍こけしは結局80工人分で終了となってしまい、頒布数も55組であった。これらの組み物には胴底に頒布番号のゴム印が押されているが、ゴム印の無い単品物も相当数あったようである。今回入手の豆こけしにもゴム印の無いものがあり、それらの中から「木の花」の写真と比べて袖珍こけしと思われるものを紹介したいと思う。口絵写真は、小椋泰一郎の袖珍こけしである。

Mame_syutin3_mae

こちらの6本を左から順次紹介しよう。

(2)石山三四郎<山寺>1寸5分と通常の袖珍こけしよりやや小さいが、形・描彩とも同じなので袖珍こけしと思われる。
(4)小椋泰一郎<川連>「木の花」は前垂れ模様なので模様違いか。「木の花」では『シリーズ中の白眉の一つで…胴が菊模様ならと惜しまれる』とあるが、本作はその菊模様である。
(10)村井操<大鰐>自由な庶民的持味を発揮した佳作
(46)平賀謙次郎<作並>豆でも手を抜かぬ精巧な作で、佐藤喜一と双璧
(62)小椋久太郎<木地山>表情、胴模様とも筆致は力強く、玩趣に富んだ作品
(74)松田初見<鳴子>表情も良く、おおらかなこけし

Mame_syutin3_yoko

Mame_syutin3_soko

横から見たところと胴底である。

« 第516夜:豆こけしの玉手箱(2) | トップページ | 第518夜:豆こけしの玉手箱(4) »

古品」カテゴリの記事

小寸こけし」カテゴリの記事

豆こけし」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第516夜:豆こけしの玉手箱(2) | トップページ | 第518夜:豆こけしの玉手箱(4) »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ