« 第542夜:野地スマイル(3) | トップページ | 第544夜:突然の揺れが… »

第543夜:「国恵志堂ブックス」第3回配本!

Takakan_book_cover_part 高橋正吾さんへの追悼の目的で始めた「こけし本」作り、想像以上に立派な「本」が出来上がり、また正吾さんのご家族を始め、多くの方々からも喜んで頂き、筆者にとっても喜ばしいことであった。ネットでのフォトブック(写真集)制作サービスを使った作ったものであるため色々と制約もあるが、読み物としての「こけし本」としても一応満足の行くものとなっていると思う。ブログ「こけし千夜一夜物語」を「本」という形に纏めたいという思いは以前からあり、それがこのような形で実現できる目途もたち、「こけし本」作りを本格的に進めていこうと思っている。今回はその3回目、タイトルは『「高勘」本家と義一こけし』で、筆者の好きな鳴子系「高勘」のこけしを纏めることとした。鳴子系の中でも「高亀」と双璧と言われる「高勘」はそこに属する工人も多く、とても1冊では網羅できないため、今回はその中心たる「高勘」本家と、現在ではその唯一の血縁後継者である高橋義一さんのこけしを中心にした。福寿さんを始め、柿澤一家など弟子筋のこけしに関しては、別途纏めて行きたいと考えている。口絵写真は表紙の一部である。

以下、「高勘」本家と義一こけし の内容である。

Takakan_book_cover

( 表紙 )

Takakan_book_p2_3

( まえがきと目次 )

Takakan_book_p6_7

Takakan_book_p4_5

Takakan_book_p26_27

Takakan_book_p54_55

Takakan_book_p78_79

Takakan_book_p106_107

Takakan_book_p130_131

( 内容 )

Takakan_book_p142_143

( 最後の頁 )

 

※)なお、本書は「非売品」となっているので販売はいたしませんが、「協力メンバ」の方には配布いたしますので、関心のある方は下記までメールでお問い合わせください。

  ・送付先メールアドレス:cyt00375@nifty.ne.jp
  ・メールタイトル:「協力メンバ」応募の件

 

« 第542夜:野地スマイル(3) | トップページ | 第544夜:突然の揺れが… »

鳴子系」カテゴリの記事

写し」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

国恵志堂特注」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第542夜:野地スマイル(3) | トップページ | 第544夜:突然の揺れが… »

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ