« 第624夜:佐藤寛次のこけし2 | トップページ | 第626夜:伊太郎のこけし »

第625夜:石原日出男の幸八型(?)

Hideoi_ko8s39_kao 最近、幸八のこけしではないかという古作こけしが発見されたという話を聞いた。鳴子の高野幸八は鳴子系の5系列のひとつ「幸八系列」の創始者で、そのこけしは米浪氏蔵の6寸ロクロ模様と3寸5分たちこが知られているくらいである。従って、新発見のこけしが幸八のものであれば素晴らしいことであり、今後の調査が期待される。幸八型は幸八系列の工人を中心に復元されており、仙台の石原日出男もその一人である。今夜は最近入手した日出男の幸八型を見て頂こう。

Hideoi_ko8s39_2men

こちらがそのこけしである。大きさは8寸4分。胴底に署名は無く、鉛筆書きで「石原日出男 39/3」の記載がある。胴はやや太目であるが、赤と紫のロクロ線模様、頭部の描彩から幸八型であることは分かる。石原日出男は大沼秀雄の従兄で、創作こけしの作者であるが、伝統こけしの描彩も行っていた。昭和39年に鹿間時夫氏が佐藤実の木地を持ち込んで甚四郎型のこけしを作って貰ったことが<こけし鑑賞>に記載されている。本作が鹿間氏の依頼によるものかどうかは分からないが、日出男の幸八型として初期のものと考えられ、幸八の原こけしとは異なる部分も散見される。

Hideoi_ko8s39_hikaku

日出男の他の幸八型と並べてみた。左は大きさ6寸3分で原寸通りであるが、肩の山が大きく盛り上がっており、頭もらっきょう型であり、形は幸八型というより鹿間氏が作らせた古型と言えるだろう。また、右は大きさ5寸7分で全体の形は真ん中の本作に近い。

Hideoi_ko8s39_atama_hikaku

本作の頭部の描彩を左右の2本と比べて見てみよう。先ず、頭頂部の髷は、真ん中の本作は丸い髷から後ろに伸びる一本が無く、また丸髷の中が赤く塗られている点が左右の2本と異なる。また、鬢が4筆で描かれている点(原と左右は3筆)、赤い鬢飾りの様式が異なるなど、左右よりは原を未消化である部分が多いことから初期の幸八型と裏付けられる。

« 第624夜:佐藤寛次のこけし2 | トップページ | 第626夜:伊太郎のこけし »

鳴子系」カテゴリの記事

写し」カテゴリの記事

全て」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、あの方に描彩そっくりですね!!

しょ~じ様
お久しぶりです!
言われてみれば…
これは迂闊でした(苦笑)
この髷はコウさんの髷ですね…
とすると昭二さんの幸八型(?)
署名が無いのも分かります…
こけしの探求は奥深く楽しみが尽きませんね!
ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第624夜:佐藤寛次のこけし2 | トップページ | 第626夜:伊太郎のこけし »

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ