弥治郎系

第207夜:高岡幸三郎のこけし

Kozaburo_kao

仙台地区には戦前から色々な系統の工人が出入りしていたために、その影響を受けて系統がはっきりしないこけしが散見される。高岡幸三郎のこけしもそういった範疇に入るこけしの一つであろう。それを物語るように、幸三郎のこけしは「こけし 美と系譜」では作並系に、「東北のこけし」では山形系(仙台亜系)に、そして「こけし辞典」では弥治郎系の変型に分類されている。今夜は、その幸三郎のこけしを見ていこう。口絵写真は、幸三郎こけしの表情である。

続きを読む "第207夜:高岡幸三郎のこけし" »

第206夜:星博秋さんの初期こけし

Hiroaki_kao

東京では8月に入ってから連日雨降りが続いており、連続記録を更新しそうな状況である。本ブログの写真は晴天時の自然光で撮っているため、写真を撮る機会もなかなか無く、ブログの更新も滞ってしまった。気を取り直し、以前に撮っておいた写真から話題を拾ってみた。今夜は前回に関連して弥治郎の星博秋さんのこけしである。胴底に記入された日付から初期のこけしと思われるので紹介しよう。口絵写真はその表情である。

続きを読む "第206夜:星博秋さんの初期こけし" »

第205夜:本田裕輔さんの初期こけし

Hyusuke_s50_kao

東京こけし友の会の例会では、珍しいこけしや入手困難なこけしが抽選こけしとして出品される。抽選品を入手するには応募用紙に名前を書いて抽選箱に入れる必要があるので、とりあえず入れておく。筆者は抽選には弱いので期待はしていなかったが、かなり早い段階で名前が呼ばれた。今回は特定のこけしを狙っていた訳ではなかったので、本裕輔こけしを選んだ。胴底に昭和50年との記載があり、年齢に換算すると16歳ということで初期作と思われたからである。口絵写真はその裕輔こけしの表情である。

続きを読む "第205夜:本田裕輔さんの初期こけし" »

第203夜:友の会7月例会(H29)

1707reikai_syota

昨23日(日)、東京こけし友の会の7月例会があった。ここのところ例会参加者は減少気味で、62名の出席であった。おみやげこけしは新山匠太さん(弥治郎系)、こけし界ニュースでは新刊「伝統こけしの本」の紹介、高橋通さんの製作再開の話など、ギャラリーは「入れ子のこけし」、新品頒布こけしは6工人、中古こけし(入札、抽選を含む)頒布を経て、第二部では阿部木の実展(カメイ美術館)や木地山系伝統こけし製作・実演(とげぬき地蔵尊高岩寺)の報告があった。口絵写真は、筆者に渡された匠太さんのおみやげこけし(喜一型)。

続きを読む "第203夜:友の会7月例会(H29)" »

第200夜:弥治郎3家合体こけし誕生

Jajiro_3ren_kao

今年1月の中旬、ヤフオクにこけしの頭と胴2体がバラバラになった状態で出品された。頭は鳴子系のもので、胴体は弥治郎系のもの。いずれも戦前の著名工人のもので、個々のパーツとしての状態はなかなか良い。資料として何かの役に立つかも知れないし、関連の現行工人に修復して貰えるかも知れないと思い入手した。弥治郎の胴2体は繋げられそうなので、先月、下谷こけしまつりに上京した新山吉紀さんに見て貰い、修復をお願いした。そのこけしが本日届いたので紹介したい。口絵写真は、修復こけしの頭となった木村敦さんの表情である。

続きを読む "第200夜:弥治郎3家合体こけし誕生" »

第194夜:友の会6月例会(H29)

1706reikai_sadayoshi

今日(25日)は東京こけし友の会の6月例会があった。本格的な梅雨模様の中、出席者もやや少な目の62名であった。最初のこけし界ニュースでは7/1から始まるとげぬき地蔵尊高岩寺での木地山系こけし製作・実演・販売の整理券配布のお知らせがあった(友の会HPを参照)。ギャラリーは秋田湯沢で開催されたこけし談話会(小椋石蔵)の報告。おみやげこけしは星定良さんのこけし4種。新品頒布は6工人の力作が勢揃い。中古こけし、入札、抽選こけしの頒布と続き、第二部は西荻いとちでのトークショー、下谷こけしまつり、山形県の物産と観光展(横浜)の報告があった。最後に恒例のジャンケン大会で終了となった。口絵写真は、筆者に手渡された星さんのおみやげこけし。

続きを読む "第194夜:友の会6月例会(H29)" »

第192夜:第6回下谷こけしまつり

170616shitaya_hideaki_kanreki

本日(6/16)より、鶯谷の挽物玩具「ねぎし」で恒例の下谷こけしまつりが開催されているので、午後に出掛けて来た。午前中の開店前には20人程の行列が出来ていたとのこと。大沼秀顕さん、新山吉紀さん、新山真由美さん、平賀輝幸さん、阿部国敏さんが会場に来ておられた。本間直子さんは会場には来られず出展のみのようであったが、こけしは既に売り切れていたようである。今年で6回目となり、毎年馴染みの工人さんの顔とこけしが見られるのは嬉しいことである。口絵写真は今年還暦を迎えた大沼秀顕さんの写真が印刷されたTシャツ。

続きを読む "第192夜:第6回下谷こけしまつり" »

第189夜:高田稔雄さんの幸太型

Ttoshio_kota_jyusyo_kao

先日(28日)の友の会5月例会に高田稔雄さんの幸太型が出品されていた。既にご承知のように、高田稔雄さんは5月の全日本こけしコンクールで最高賞の内閣総理大臣賞を受賞しており、それと同寸・同型のこけしであった。受賞後の作ではあるが、一か月以内に作られたものであり、貴重なこけしである。その人気作を何とか入手できたのはラッキーであった。稔雄さんは今年の新年例会の招待工人であり、また2月のおみやげこけしにもなっており、友の会としても注目している弥治郎の新人工人である。幸太型が好きな国恵にとっても嬉しいことであり、受賞を祝したい。口写真は、その幸太型こけしの表情である。

続きを読む "第189夜:高田稔雄さんの幸太型" »

第179夜:誠孝さんの小物入れ

Seiko_komonoire_ue

23日の友の会例会の抽選品に佐藤誠孝さんのこけし小物入れが出ていた。ヤフオクを見ていた方はご存知かと思うが、ちょうどその一週間前に誠孝さんの大型小物入れ(豆こけしや豆えじこ、だるま等30本入り)が出ており、6万円を超える価格で落札されていた。友の会の小物入れは、それを小さくしたようなもので、中には豆こけしが7本入っていた。いつも抽選では後塵を拝することが多かったが、今回は何と2番目に呼ばれ、この小物入れを手にすることが出来た。今夜はそれを紹介しよう。口絵写真はその小物入れを上から見たところである。

続きを読む "第179夜:誠孝さんの小物入れ" »

第165夜:落ち穂拾い(佐藤正)

Tadashis_kao_2

以前、ヤフオクなどでなかなか良い出来なのに全く注目されず、誰にも応札されないで見過ごされてしまうこけしを、失礼ながら「落ち穂拾い」などと呼んで取り上げた。今回もそれに類するこけしの話である。佐藤正のこけしである。渡辺求の優品を入手したことから、その弟子である佐藤正のこけしにも注目していたが、なかなか思いを叶えてくれるものには出会わなかった。そんな折、先日、佐藤正の8寸、6寸の2本組がヤフオクに出品されていた。8寸は三日月目、6寸は十日月目で、特に8寸はその表情に惹かれた。結局、他に誰も応札せず、出品値の600円でゲットできてしまった。今夜はそのこけしを紹介しよう。口絵写真は、その表情である。

続きを読む "第165夜:落ち穂拾い(佐藤正)" »

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ